アパレル業界の転職を成功させる相談室

アパレル業界の転職を成功させる相談室

アパレル業界の転職を成功させる方法

アパレル業界の転職を成功させるなら、アパレル専門の転職エージェントを上手く利用する事をオススメします。
アパレル業界は、ブラックな職場も多いですし、なかなか現場の接客業以外の職種に就けない事が多いです。
そのため、アパレル専門の転職エージェントを利用して、経験に見合った職場、職種に就けるようにしましょう。

 

未経験者から利用できるファッショーネ

ファッショーネ

 

ファッショーネは、未経験者からベテランまで利用できる転職エージェントになります。

 

普通の転職エージェントは、経験者のみに限っている事が多いですが、ファッショーネはアパレル専門の転職エージェントの中でも後発組になるので、他の転職エージェントと差別化するために、未経験者からベテランまで幅広い方のサポートしてくれます。

 

そのため、アパレル経験のない方は、この転職エージェントを利用して、長期的にキャリアを積める企業を紹介して貰う事をオススメします。

 

もちろん、ベテランの人達も利用でき、販売職以外の生産管理やバイヤー、プレスといった職種の求人も扱っています(販売職や店舗管理者と専門職を比べると半々程になります)。

 

注意点としては、東京を中心とした求人しか扱っていない点になります。

 

⇒アパレルの転職ならファッショーネ

 

経験を積んだ方にオススメのクリーデンス

クリーデンス

 

クリーデンスはファッショーネと異なり、最低でも数年程度の経験を積んだ方を対象にしたアパレル専門の転職エージェントになります。そのため、未経験者、または経験が浅い方が登録しても、応募できる求人がないと告げられることもあるので注意してください。

 

少し使いにくい印象を持つかもしれませんが、扱っている求人は非常に優良なものが多いです。
販売職や店長などを始め、バイヤー、MD、プレス、生産管理、パタンナー、デザイナーといった幅広い職種を扱っています。

 

また、求人を出している企業も、国内アパレルメーカー、セレクトショップ、商社、外資と多様です。
もし、今勤めているアパレル企業からキャリアアップしたいと感じているのでしたら、利用する事をオススメします。

 

なお、事業所は東京と大阪になるので、この2地域を中心として求人を扱っています。

 

アパレル・インテリア・コスメ業界の求人・転職サイト

 

転職して現在勤めているアパレル企業の不満を解消する

 

・給料が低い
・休日が少ない、有給休暇が取れない
・サービス残業がある
・現場の接客から出世できない
・専門職に転職したい

アパレルの仕事が好きでも、上記のような不満を持っていれば他の職場、もしくは他業界に転職したいと思う方もいらっしゃると思います。

 

アパレル業界は、同業他社の転職が比較的に多いです。
理由としては、上記したような不満を解消するために、ある程度の経験を積んだら、より待遇の良いアパレル企業に転職する方が多いからです。

 

また、同じアパレル企業で出世したくても、既にポストが空いていなければ、待っているよりも転職した方が早い場合もあります。

 

のため、自信の年齢、スキル、就きたい職種のポストの空き、そして待遇などを考慮した上で、他のアパレル企業に転職にするかどうか考える事が大切になります。

 

将来を見据えて働く

・接客スキルを上げて行きラグジュアリーブランドの商品を扱う
・商品企画、生産管理、MDといった専門職を目指す
・アパレル商社の営業職から出世して行く

上記はあくまでも一例になりますが、アパレル業界でどのように働いて行くか考えて置く事は非常に大切です。

 

もちろん、働きやすい職場で出世を目指さずに現場で働き続けたいといった姿勢でも良いと思います。ただ、自分にとって働きやすい職場に最初の就職で入社できるかは分かりません。

 

仮に長期的に働き続ける事が難しいと感じたのでしたら、ある程度の経験を積む、またはすぐにでも転職した方が良い場合もあります。

 

アパレル業界で働いてくつもりでしたら、一つの企業だけに拘らず、転職エージェント等を利用して、他のアパレル企業と今勤めている企業を比較した上で、転職を考える事も大切です。

 

間違ってもブラック企業なので、無理して働き続けることだけは避けるようにしましょう。

 

働きなら転職を考えている人

 

多くの方は、在職中に転職先を決めたいというのが本音だと思いますし、私も働きながらの転職をオススメします。
ただ、シフトの関係や仕事の忙しさから、働きながら転職の選考を受けるのが現実的な場合じゃないこともあります。

 

そのような時は、働きながら自己分析と興味の持った業界や職種の求人の選別、企業の情報集をした後に退職して、迅速に選考を受けるようにしましょう。

 

空白期間は少ない方がいいので、在職中にできる準備は出来る限りする事をオススメします。

 

また、就職支援サービスを受けている方はキャリアコンサルタントと相談してみるのも良いと思います。キャリアコンサルタントは、面接の調整などもしてくれるので、場合によっては在職中でも転職できる可能性はあります。

 

もし、時間を作るのが難しくても、事前にキャリアコンサルタントと面談等を済ませるといった準備は事前にしておくと良いと思います。

 


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい