アパレル販売から転職すべき理由

アパレル販売から転職すべき理由

アパレル販売から転職するか悩んでいる方へ

 

アパレルの仕事は、拘束時間が長いため長時間労働になりやすいです。
また、休日も少ないため体を休めたり、友達や恋人と遊びに行く時間を作るのも難しいです。
そのため、今のアパレル企業から転職する事を検討してみることも大切です。

 

⇒アパレル業界のホワイト企業に転職したい

 

下記の記事アパレルの仕事に関する悩みの記事になるので、参考にして頂ければ幸いです。

 

アパレル販売から転職すべき理由記事一覧

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか

新卒・既卒で入社して、転職を考えている人に『入社したら最低3年間は働きなさい』、『3年間は働かないとキャリアにならない』と述べる方は結構いらっしゃいます。この言葉自体を否定するつもりはありませんが、転職を考えている人全てに当てはまる言葉でもありません。ブラック企業では経験を積む前に体が壊れるブラック...

≫続きを読む

 

アパレル店の販売員の将来性

アパレルで働く方の志望動機としては、ファッションに興味がある方や、アパレル店で働いている従業員がカッコイイと思って憧れたり、また特定のブランドが好きといった理由が多いです。ただ、実際に正社員としてアパレルで働いていく事になると、それだけの志望動機だけで働いて行く事は非常に難しいです。新卒の離職率アパ...

≫続きを読む

 

アパレル ノルマ達成が辛い

アパレルで働く販売員の悩みの中で多いのが、売上のノルマになります。売上のノルマは一般的には、店舗の総売上のノルマが一般的になりますが、企業によっては販売員一人一人にノルマを課すようなこともあります。そのため、仕事にまだ慣れていない方や、積極的にお客に声を掛ける事が苦手な方は非常にストレスになります。...

≫続きを読む

 

アパレル業界 休日が少ない

アパレル業界の悩みの一つが休暇が少ない事です。アパレルに限らずにサービス業は、休日が少ない事と、有給休暇が使いに行く事が不満の対象になりやすいです。理由としては、やはり店舗にいる社員は店長一人である事が多い事が挙げられます。アルバイトやパートは、プライベートを重視したシフトの希望をしてきますし、ある...

≫続きを読む

 

アパレル業界 男性の寿退職による転職

アパレル業界で働いている男性に多いのが、男性の寿対退職になります。男性の寿退職の理由としては、下記が主な理由になります。・休日が少なく家族と過ごせない・給料が少ない・店舗の異動が多いこれらが主な理由とされています。給料の少なさと休日の少なさは、企業や役職にもよりますが、異動の多さはアパレル業界では避...

≫続きを読む

 

アパレルの販売員の結婚に対する不安

アパレルの販売員の仕事をしながら結婚するのは非常に厳しいと言えます。理由としては、以下の3つになります。・出会いが少ない・休日が少ない・長時間労働・給料が低い出会いに関しては企業によりますが、アパレル店は男性店と女性店に分かれている事もあるので、勤めている企業がそのような職場ですと出会いが全くない可...

≫続きを読む

 

アパレル販売員の仕事 辛い

アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に、商品の品出しといった力仕事もあるので、非常に過酷と言えます。また、開店と閉店の準備を考えると、どうしてもシフト以上の残業をする必要が多くなるため、拘束時間の長く、長時間労働になりやすいです。また、休日も少ない傾向が強く、アパレル販売員の1年間の平均休...

≫続きを読む

 

アパレルはブラックなのか

ブラック企業かどうかの判断は、個人によっても変わってくるので、一概にアパレル業界全てをブラックと判断する事はできません。アパレル業界といっても、職種も様々で販売職からバイヤー、デザイナー、生産管理、MD、営業等が存在します。ただ、働いている数の割合としては、圧倒的に店舗勤務の販売職が多い事から、販売...

≫続きを読む

 

アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか

アパレルの販売員として定年まで働き続ける事ができますが、大手のアパレルメーカーや外資のブランド企業ではない限りオススメしません。ブランド力の強い高級店の場合でしたら、50代頃の男性や女性の方が販売員として働いている方も確かにいらっしゃいますが、自社開発などができない小売を基本としているアパレル企業で...

≫続きを読む

 

アパレル 給料は低い

アパレルの店舗で販売員として働いてる方の給料は、一部の企業を除くと15万円〜20万円前後である事が一般的です。20万円前後ですと、一般的な大卒の初任給と同じ程になりますが、アパレルの場合は余計な費用が掛かる事が多いです。アパレル店の販売員は、基本的に勤めている企業の商品を着て働く事が多いです。タダで...

≫続きを読む

 

アパレルの接客 疲れた

アパレルの販売員の仕事で一番大変なのが、接客と言えます。企業によっては、お客様にあまり話しかけないようにしている企業もありますが、基本的には販売員が接客に向かう事が多いです。また、アパレル店によっては、販売員個人にノルマが課されるような事もあるので、接客せざる得ないようなこともあります。特に個人ノル...

≫続きを読む

 

アパレル店の店長 人間関係の悩み

アパレルの仕事に限らずに、仕事をして行く上で人間関係の悩みを抱える方は多いです。ただ、アパレルのようなサービス業となると、社員だけではなくアルバイトやパートといった方のシフト管理をする必要になります。そのため、店長の人間関係に対する悩みは増えがちです。アルバイトやパートの方にとっての最優先は、お金を...

≫続きを読む

 

アパレル店 店長の長時間労働

アパレルの販売員の仕事は、拘束時間が長く長時間労働になりやすい傾向があります。理由としては、アパレルの販売員の店長の仕事は、お客の接客から商品の品出し、発注、売上の算定、シフトの作成などになります。ただ、お客様第一になるので、接客が一番優先されます。そのため、閉店まで他の仕事が残ってしまう事が多々あ...

≫続きを読む

 

アパレル 店舗の異動が多い

アパレル業界は、店舗の異動が多いかどうかと言われると、企業の規模によっても当然変わってきます。それ程、店舗数がない企業でしたら、異動する頻度は下がります。一方で、企業が全国に店舗を拡大させているのでしたら、異動のリスクは高まります。なぜ店舗の異動が多いのか今の店舗の売上が高く、利益率も高いのに何故異...

≫続きを読む

 

アパレル営業の激務と転職

アパレルの営業は、販売員同様に最初に就く可能性の高い職種になります。そして、企業によっては一番の激務になる可能性の高い職種になります。アパレルの営業職は、勤めているアパレル企業によっても仕事内容は異なってきますが、基本的には、自社の製品をデパートの百貨店や量販店、または販売代理店のアパレル専門店など...

≫続きを読む

 

アパレル販売員 金欠になる

アパレル販売員の方の中には、給料だけでは生活できないため、実家から通勤している方や、他の仕事を兼業している方もいらっしゃいます。そのため、アパレル販売員として働いていては生活できないことから、他業界に転職する方もいらっしゃる程です。何故アパレル販売員は金欠になるのかアパレル販売員が金欠になる理由は、...

≫続きを読む

 

アパレルから他業種に転職する方法

アパレルの仕事は、他の業界の仕事に活かしにくい点があります。販売員の仕事や営業なら、同職種に転職するなら活かす事も出来ますが…アパレル販売員から他の販売員に転職したいという方は少ないのではと思います。そのため、アパレルから他業種に転職することを検討しているのでしたら、少しでも若い内に転職する事をオス...

≫続きを読む

 

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい