アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか

アパレル企業に入社して3年未満の転職

 

新卒・既卒で入社して、転職を考えている人に『入社したら最低3年間は働きなさい』、『3年間は働かないとキャリアにならない』と述べる方は結構いらっしゃいます。この言葉自体を否定するつもりはありませんが、転職を考えている人全てに当てはまる言葉でもありません。

 

ブラック企業では経験を積む前に体が壊れる

 

ブラック企業の基準は人によっても異なりますが、残業の常態化、サービス残業、イジメ・パワハラ等があるような企業は、長期的に働き続ける事はオススメしません。
長時間労働に関しては、やりたい仕事であり、事前に残業が多い事が承知の上でしたら、目的を達成するまで耐える必要があることもあります。
ただ、それでも体を壊したり、鬱になってしまっては意味がありません。

 

『逃げる』と言う選択肢はを取る事はは間違った行為ではありません。

 

むしろ体や心が限界なので『耐える』という行動をとるのは、危機意識が鈍くなっている、または逃げるという行為を怖がってる状態とも言えます。ただ一度体を壊したり、鬱になってしまうと復職は難しいです。
ブラック企業で働いていると、今の職場を辞めると次の転職先あるのかと不安に感じる方いらっしゃいますが、安心してください。
20代の転職先は、探せばいくらでもあります。3年未満でも1年未満でも働ける職場はあります。
間違っても、今の職場以外あなたの居場所が無いとは思わないでください。

 

入社したばかりの企業を退職したい

 

『たった数年、または1年も経っていないのに仕事の何が分かるんだ?』と述べる方がいらっしゃいます。
しかし、実際に社会に出て、働き始めた事画、絶対に自分に合わない仕事も存在すると思いますし、他にやりたい仕事が明確になる方もいらっしゃいます。
そもそも、新卒や既卒の方が最初の就職で理想の企業に就ける可能性は非常に低いです。
一度も働いた事が無いのに、求人の情報と説明化による採用担当者や社員の言葉だけで判断しようとすれば、求職者と企業とでズレは生じます。
特に、企業側は自分達の負の側面を述べようとしません。述べたとしても、抽象的な言葉だったり、型にはまった言葉が多く、実際に働かないと分からなことが多いです。そのため、入社した社員と企業のミスマッチは大なり少なり発生しやすいです。

 

ただ、昔までは多くの方が終身雇用を前提とした日本型の雇用を信じて、自分のやりたい仕事と異なっていたり、多少理不尽な扱いを受けても働き続ける事が当たり前でした。また、昔は今よりも新卒信仰が強く、20代の転職が難しかったのも理由です。
しかし、今は終身雇用も保証されなくなっている事と、少子化の影響により第二新卒の採用も積極的になっています。また、ベンチャー企業と呼ばれる若者が中心の企業も増えています。
そもそも、中小企業などは新卒だけを採用していては大手に取られて人手なんて確保できません。
そのため、入社して3年未満で辞めたからといって働ける職場が少ない事もありませんし、簡単とは言いませんが、特別難しいとも言えません。
実際に私も1年程働いて仕事を辞めましたが、転職にそれ程苦労したと言う実感してません。

 

3年あれば難関資格取得も公務員にもなれる

 

 

3年も我慢できないのかと言う方もいますが、3年あれば難関資格も取得できますし、公務員試験に合格できる可能性もあります(1〜2年あれば大抵の公務員試験は余裕です)。

 

また、どうせ3年働くのでしたら、自分が本当に働きたい職場で働いた方が効率もよいです。
そもそも、3年という時間は短くなく、非常に貴重な年数です。その3年をやりたくもない仕事に従事したり、ブラック企業で体をボロボロにされるぐらいなら転職した方が賢い選択です。
ただ、注意して欲しいのは私は嫌な事があったり、やりたくない仕事だったら絶対に辞めた方が良いと言ってるわけではありません。
今働いているアパレルの職場が将来の目標や夢と異なっていても、将来に活かせる経験を積めたり、学べるものがあるなら学ぶべきです。
その経験によって、より待遇の良い転職ができる可能性が上がり、結果的に目標や夢の近道になる可能性もあります。
一方で将来に役に立たなかったり、毎日ルーチングワークの仕事しかできないのでしたら、さっさと辞めた方が良いとも言えます。
その点は、あなた自身で天秤にかけて決断する必要があります。

 

どのような転職を希望するべきか

 

アパレル業界内か他業界で転職するかは人によって異なって来ると思います。
個人的には、ブラック企業を業界の基準にするのは避けた方が良いと思います。

 

アパレルに関わらずに、例え働く前はどれだけ望んでいた仕事でも、ブラック企業に入社してしまったら、好きな仕事も嫌いな仕事に変わります。

 

そのため、労働環境が悪いから、待遇が悪いから…といった理由でアパレル企業から他業界に転職する事を考えているのでしたら、一度他のアパレル企業と比較してみる事をオススメします。

 

アパレル業界は、同業他社に転職する方も多いので、転職に関しては寛容的な業界になります。せっかくアパレル業界に身を置いたのでしたら、ブラック企業の嫌な経験だけで諦めるではなく、もっと働きやすいアパレル企業で経験を積んでみてはどうでしょうか?

 

ただ、既にブラック企業関係なく、アパレルの仕事そのものに嫌気が差してしまったのでしたら、早い段階で他の業界に転職することも間違ってはいません。

 

どちらが正解で間違いといった明確な答えが決まっている訳ではないので、自分にとっての正解だと思った進路をとるようにしましょう。

 

 

企業側の第二新卒に対する理解

 

昔ながらの大手企業は、まだまだ第二新卒の採用は消極的です。理由としては、終身雇用の考えを持つ方が多いですし、新卒の社員とベテランの中途採用で人材を揃えられるからです。

 

ただ、一方で少子化の影響でそのような事を言えない企業も多いですし、実際に新卒で入社した企業がミスマッチしやすい事に理解をしめす採用担当者も大勢いらっしゃいます。
面接時に正直に、最初に入社した企業が合わなかったと述べても問題ない事も多いです。
大切なのは、社会に出て本気でやりたいと思った仕事に対する熱意と、企業に対する志望動機になります。
そして、一緒に働きたいと採用担当者に思って貰うように真摯に面接に挑む事です。

 

最後は自分の責任で転職を決断する

 

 

今の職場に不満を抱えていても、仕事と割り切って働き続けるのも悪い事ではありません。
そして、アパレルに限らずに多くの方は、仕事を嫌々ながらも折り合いを付けて働いている方がいらっしゃいます。それこそ、プライベートを楽しむこともできずに、家と職場を往復した生活で満足している方もいらっしゃいます。

 

あなたはどうでしょうか?

 

20代は、将来を決める大切な時期と言う方がいらっしゃいます。その通りです。一番挑戦して失敗できる年齢です。年齢が上がる程に、新しい事に挑戦するのにリスクが上がって行きます。

 

だったら、もっと働きやすい企業ややりたい仕事ができる企業に転職を考えてみてはどうでしょうか?

 

おそらく、周りにこのような事を相談すると、必ず否定する方が出てきます。
何故なら、自分達が辛い職場環境で折り合いを付けているのに、一人だけ抜け出すために行動されると面白くないからです。

 

本当に心配している人の言葉には耳を傾けるべきですが、そうではない方の言葉を参考にし続けないようにしましょう。
そして、現状を変えるためには少しずつでも行動して行く必要があります。

 

まずは、今働いている企業を客観的に見るためにも、情報収集を兼ねた転職活動が始めて行く事をオススメします。

 

⇒アパレルの転職を成功させる方法

関連ページ

アパレル店の販売員の将来性
アパレルの正社員として、販売・接客等の仕事に従事する事に将来性があるかと聞かれると、長期的に続けて行く事は難しいと言えます。店長以上の役職であるエリアマネージャーやバイヤーのポストは非常に狭きもんになります。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルはブラックなのか
アパレルがブラック業界なのかは、個人の主観によって変わってきますが、強い目標や夢がないと、働き続けるのは難しいかもしれません。そのため、将来に不安を感じている方は異業種の転職も視野に入れた方が良いかもしれません。
アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか
アパレルの販売員として定年まで働き続ける事は難しいです。体力面でも給与面でも年齢と共に辛くなってきます。そのため、経験を積んだらキャリアアップを目指すか、他業界に転職する事をオススメします。
アパレル 給料は低い
一部の大手企業を除けば、アパレル販売員の給料は少ないです。専門職になると少しは上がる傾向がありますが、中小企業ですとやはり見劣りはします。そのため、高い給料を貰いたい方にはオススメし辛い業界と言えます。
アパレルの接客 疲れた
アパレル店には、個人ノルマがある場合もあるので、積極的に接客をしていく事が求められます。また、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に疲れます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい