アパレルはブラックなのか

アパレルはブラックなのか

アパレルはブラックなのか

 

 

ブラック企業かどうかの判断は、個人によっても変わってくるので、一概にアパレル業界全てをブラックと判断する事はできません。
アパレル業界といっても、職種も様々で販売職からバイヤー、デザイナー、生産管理、MD、営業等が存在します。
ただ、働いている数の割合としては、圧倒的に店舗勤務の販売職が多い事から、販売職の待遇がブラックか否かで判断されやすいです。
それでも、アパレルの仕事が大好き、長時間労働の立ち仕事も苦にならない方もいらっしゃいます。
しかし、ブラックの基準となる残業の常態化、サービス残業、低賃金、人間関係を考えると他の業界よりもブラック色が強いと言うのも確かだと思っています。
また、アパレル販売員に限らずにサービス業の仕事は、同じサービス業以外には転職時に活かし辛いので、将来の選択肢が狭まるというリスクもあります。
そのため、個人的には安易にアパレル業界に就職する事はオススメしません。

 

アパレルがブラック業界とされる理由

前述したように、アパレルがブラックとされる理由の大きな理由は、販売員の仕事内容が激務の割に収入が低い事が挙げられます。
もちろん、企業によっても待遇の差は激しいですが、中小規模の企業が乱立しているので、割合としてはブラックな企業が多いと言えます。
※なお、下記はアパレルの販売員を対象にして述べているので注意して下さいね。

 

個人ノルマ

一つは、過酷なノルマが課される企業が多いからです。企業によっては個人ノルマが課されることもあり、ノルマを達成する事ができなければ自腹購入を強制される事も…
そのため、アパレル店員は、お客に対して積極的に声を掛けて何とかノルマを達成しようと必死になります。
お客としては、一人でゆっくりと商品を見たいと言う方も多いのは、店員側も理解していることが多いですが、そのような悠長なことを言ってられないのがアパレル店員の個人ノルマになります。
もちろん、全てのアパレル店に個人ノルマが設定されている訳ではありませんが、それでも店舗の予算が厳しい事は多く、本社の経営陣に責められてストレスが溜まる日々を過ごす方や、自腹購入する方も一定数いらっしゃいます。

 

長時間労働

アパレルといったサービス業は、基本的に拘束時間の長い長時間労働になりがちです。
アパレル店がモールといった場所を借りている場合は、開店の時間と閉店の時間が決まっている事と、閉店の準備と次の日の開店の準備もあるため、どうしてもシフトの時間外の勤務時間が生じてしまいます。
また、閉店時間間際にお客が商品を購入しようとしていると、簡単に追い出す事ができずに閉店時間が延びるといったこともあります。
他にも、アルバイトやパートの人手が足りないと、そのシフトの穴を埋めるために、サービス残業や休日出勤を余儀なくされる可能性もあります。
なお、棚卸の時期になると店舗で寝泊まりする事も当たり前になります。

 

アパレル業界の平均年収と平均休日

アパレル平均年収は200万円〜500万円と幅広いですが、これはエリアマネージャーや専門職であるデザイナー、バイヤー、MD等も含めた年収になります。
現場の販売職方の平均年収は300万円に届くか否かだと思います。また、休日も100日に届くか否かと言えます。
休日が充実しているとされる休日日数が120日程度になることを考えるると、ブラック色が強いと言われても仕方がないと言えます。また、有給の取得率も3割前後である事を考えると、知り合いの企業との休日差が1ヶ月にも及ぶ可能性もあります。
その上、給料も低いとなると…辞めたくなる人の気持ちも分かります。
実際にアパレルの離職率は約50%と言われおり、非常に高い水準となっています。

 

仕事が辛いと感じたら転職しましょう

 

アパレル業界に限りませんが、今の職場が主観的にも客観的にもブラック企業と判断したのでしたら、転職を視野に入れましょう。
また、客観的にブラック企業と呼ぶ程ではなくても、前述したようにブラックの判断は個人差があります。
これは、周りからみたらブラックじゃないのだから、退職せずに頑張れという意味ではありません。周りが耐えられても、あなたが耐えられないという可能性がある事を言っているのであり、下手に耐えて働き続けると体を壊したり鬱になるリスクがあります。
一度体を壊したり、鬱になってしまうと復職するには時間が掛かります。
危険だと感じたら、周りの声を無視して一目散に『逃げる』選択をするのも大切な判断です。
極端な話を言えば、転職は退職した後でも、本気で頑張れば就職先を見つける事はできます。

 

ただ、体を壊したり、鬱になってしまうと、就職先を見つける行動さえできなくなります。
そのような状態にならないようにしましょう。

 

アパレル業界の転職を考えている方へ

アパレル業界で働いて行くのでしたら、どのように働いて行くか明確にするべきと言えます。

 

ずっと現場の販売職として働き続けたいのでしたら、中小企業の店舗勤務ではなく、優良な大手のアパレル企業や外資のブランド企業で働けるように経験を積む事をオススメします。

 

それなりの経験とスキルが求められますし、仕事も忙しいですが、それに見合った給料を貰えますし、有給休暇も比較的に取得しやすいです。

 

販売職の仕事から出世していくのでしたら、MD、バイヤー、生産管理、本社の企画や商品開発などに置いて貰えるように努力しましょう。

 

必要なら、アパレル専門の転職エージェントを利用して、上記のような職種の求人を探して積極的に転職する事も大切です。

 

一つのアパレル企業だけに固執すると、なかなか出世できなかったり、待遇を上げる事ができない場合もあるので、経験とスキルに見合った職場を探して転職する姿勢も大切です。

 

アパレル業界の販売職として転職を考えているのでしたら、アパレルに対して強い目的や夢がないのでしたらオススメしません。
例を挙げれば、MDやプレス(PR)、デザイナーといったアパレルの花形に就く、外資のブランド企業で接客の仕事をするといった目標などになります。
ただ、そこまで出世するのは、非常に難しいので、覚悟を決めて挑戦する必要はあります。
そのため、単純に働ける企業が無いといった理由で入社するのは避けるようにしましょう。

 

⇒優良なアパレル企業に転職する方法

関連ページ

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか
アパレル業界の企業に入社して、まだ3年以上働いていなくても転職できるのか悩む方は多いです。安心してください。例え1年未満でも、20代の方でしたら第二新卒として他業界へ転職する事は難しくありません。
アパレル店の販売員の将来性
アパレルの正社員として、販売・接客等の仕事に従事する事に将来性があるかと聞かれると、長期的に続けて行く事は難しいと言えます。店長以上の役職であるエリアマネージャーやバイヤーのポストは非常に狭きもんになります。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか
アパレルの販売員として定年まで働き続ける事は難しいです。体力面でも給与面でも年齢と共に辛くなってきます。そのため、経験を積んだらキャリアアップを目指すか、他業界に転職する事をオススメします。
アパレル 給料は低い
一部の大手企業を除けば、アパレル販売員の給料は少ないです。専門職になると少しは上がる傾向がありますが、中小企業ですとやはり見劣りはします。そのため、高い給料を貰いたい方にはオススメし辛い業界と言えます。
アパレルの接客 疲れた
アパレル店には、個人ノルマがある場合もあるので、積極的に接客をしていく事が求められます。また、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に疲れます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい