アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか

アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか

アパレル販売員 定年まで働けるか

 

アパレルの販売員として定年まで働き続ける事ができますが、大手のアパレルメーカーや外資のブランド企業ではない限りオススメしません。

 

ブランド力の強い高級店の場合でしたら、50代頃の男性や女性の方が販売員として働いている方も確かにいらっしゃいますが、自社開発などができない小売を基本としているアパレル企業で長期的に働く事はオススメしません。

 

定年までアパレル企業の販売として働く事が難しい理由

 

 

一番最初の理由としては、給料面の不安になります。
アパレル販売員の給料は低く、40代でも平均年収が450万円前後になります(外資は除きます)。
前述したように、所得の高い方を対象にしたブランドを扱っているアパレル店の店長やエリアマネージャーでしたら500万円〜600万円達することもありますが、最初の就職でそのようなアパレル企業に就職できる方は限られて来ると思います。

 

そのため、アパレル業界で働いて行くのでしたら、経験積み、スキルを磨いたら、積極的に待遇の良い他のアパレル企業に転職する事を検討しても良いと思います。

 

そして、もう一つの理由としては体力面になります。
全国で店舗を出店している企業で、薄利多売を基本としているアパレル企業となると、残業ありで朝から夜遅くまで営業をしていることもあるので、疲労が溜まりやすいです。

 

販売員の仕事は、接客だけではなく、品出しや売上の計算、営業やエリアマネージャーとの打ち合わせなどもあります。そのため、営業時間では仕事が全て終わらずに深夜近くにならないと帰れないこともあります。

 

したがって、年齢と共に体力がついて行かずに体を壊してしまうリスクが高くなって行きます。

 

もちろん、勤続年数を重ね、成果が認められていけば現場の仕事よりも、本社で管理者として働く事が増える可能性はありますが、そこまで出世できるのは限られて来ると思った方がいいので、目指すのならそれなりの覚悟が必要になります。

 

現場で定年まで働き続けたい

アパレルの販売員として定年まで働くのでしたら、前述したように不特定多数のお客を対象にした薄利多売をしているアパレル企業ではなく、富裕層を狙ったブランド力の高い企業で働く事がオススメです(外資・ラグジュアリーブランドなど)。

 

高い商品紹介力や接客スキルが求められますし、責任も重いですが、販売員としては高い給料が貰えますし、体力面でも多少は負担が低いです。
ただ、このようなアパレル店は非常に人気が高く競争率が高いので覚悟しておきましょう。

 

⇒優良なアパレル企業に転職する方法

 

他の職種に転職する

 

一番は販売員の経験を積み出世するから、専門職に就く事です。ただ、一つの企業で思ったようにキャリアアップして行く事は非常に難しく、運も必要となります。そのため、今の職場でキャリアアップして行く事が難しいと思ったら、あなたの希望とする職種の求人を掲載している企業に応募する事をオススメします。
いくら実績や経験を積んでいても、チャンスのない職場にいては意味がありません。
視野を広く持ち、選択肢は多数持つように心掛けましょう。

 

また、20代の方でしたら、アパレルが合わないと感じたら早い内に異業種に転職するのも一つの手段になるので転職の選択肢に入れて置くと良いと思います。

 

アパレルの経験は、他の業界では活かしにくいです。そのため、他業界に転職するのでしたら、経験に差がつきにくい20代の若い内に転職した方がスムーズにです。
興味がありましたら、アパレルから他業界へ転職するを参考にしていただければ幸いです。

 

オススメの転職エージェント DODA

 

 

DODAの転職支援サービスは、アパレル業界内の転職から他業界への転職を考えている方まで利用できるオススメの転職エージェントになります。アパレル専門の転職エージェントよりも専門的な求人はないかもしれませんが、全国の求人を扱っています。また、幅広い業界・職種の求人を扱っているので、転職の選択肢を絞り込めていない方にもオススメです。
キャリアコンサルタントと相談して、今までの経験とスキルで転職で希望条件を満たした企業の求人があるか確認してみてはどうでしょうか?

 

関連ページ

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか
アパレル業界の企業に入社して、まだ3年以上働いていなくても転職できるのか悩む方は多いです。安心してください。例え1年未満でも、20代の方でしたら第二新卒として他業界へ転職する事は難しくありません。
アパレル店の販売員の将来性
アパレルの正社員として、販売・接客等の仕事に従事する事に将来性があるかと聞かれると、長期的に続けて行く事は難しいと言えます。店長以上の役職であるエリアマネージャーやバイヤーのポストは非常に狭きもんになります。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルはブラックなのか
アパレルがブラック業界なのかは、個人の主観によって変わってきますが、強い目標や夢がないと、働き続けるのは難しいかもしれません。そのため、将来に不安を感じている方は異業種の転職も視野に入れた方が良いかもしれません。
アパレル 給料は低い
一部の大手企業を除けば、アパレル販売員の給料は少ないです。専門職になると少しは上がる傾向がありますが、中小企業ですとやはり見劣りはします。そのため、高い給料を貰いたい方にはオススメし辛い業界と言えます。
アパレルの接客 疲れた
アパレル店には、個人ノルマがある場合もあるので、積極的に接客をしていく事が求められます。また、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に疲れます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい