アパレル店の販売員の将来性

アパレル店の販売員の将来性

アパレルの正社員に将来性はあるのか

 

アパレルで働く方の志望動機としては、ファッションに興味がある方や、アパレル店で働いている従業員がカッコイイと思って憧れたり、また特定のブランドが好きといった理由が多いです。
ただ、実際に正社員としてアパレルで働いていく事になると、それだけの志望動機だけで働いて行く事は非常に難しいです。

 

新卒の離職率

 

 

アパレル業界で働き続けて行くのでしたら、アパレル業界でしかできない事を目標にしたり、夢を抱いていないと続け行く事は難しいです。
アパレルの新卒の離職率は50%近くあり、非常に高い水準に達しています。
生活費を働く事がもくてきであったり、ファッションが好きだからといった理由でしたら、他の業界の職種に就職した方が良いと言えます。むしろ、純粋にファッションだけを楽しむのでしたら、休日が充実している仕事でお金を溜めて、プライベートで楽しんだ方が良いと言えます。

 

ただ、経験を積みながらファッションデザイナーを目指していたり、お客に服を紹介して、選んでもらう事に強いやりがいを感じているのでしたら、経験とスキルを磨きながら出世を目指したり、同じアパレル業界内でより目的や夢を達成できる企業に転職してキャリアアップできるように努めるようにしましょう。

 

⇒アパレル社員のキャリアアップ

 

アパレルの仕事は他の業界で活かせるのか

 

 

アパレルの仕事に限らずに、サービス業は同じサービス業内でしか活かしにくい傾向が強いです。
そのため、アパレルの仕事を活かそうとするのでしたら、同じアパレル業界内で職種を変えるか、他業界の販売職や接客などが主になります。

 

しかし、20代の方でしたら、第二新卒としてポテンシャル採用をしている他業界の未経験職に就くことも比較に難しくありません。

 

30代以降の場合でも、給料の減少に目を瞑れば転職自体は可能と言えます。
ただ、キャリアはリセットされるので、前述したように給料は大卒、または高卒の初任給まで下がる可能性があるので注意しましょう。

 

そのため、もしアパレル業界から転職するなら20代の若い頃に転職するようにしましょう。

 

アパレル業界の将来性

 

 

個人の仕事内容ではなく、アパレルそのもの将来性としては悲観する要素はそれ程ないですが、企業同士の競争率は非常に高いです。
少子高齢化の影響を考えると、需要よりも供給が多くなって行く事が予想されます。
また、アパレルは飲食店同様に個人が起業を考える際に選択肢に入れる分野になるので、少子高齢化でも競争は弱まる事は少ないと思います。
少し前までは、極端な価格安競争が激しかったですが、今では少しずつ差別化が進んでいるような気もします。また、海外に積極的に進出している日本企業も増えてきています。
ただ、企業のコストカットは厳しい状況が進んでいます。
実際に、人件費を抑えるために、管理職の席を少なくし、少数のエリアマネージャーやバイヤーに複数の店舗と従業員に対応させる等しています。
従業員の多くも、店長だけ社員で他の従業員はアルバイト・パート・契約社員で成り立たせているのが現状です。
最近では、アルバイトの時給を高くしないと人が集まらない事から、人件費を抑えるために、シフトの人員を抑えられている傾向が強いです。
そのため、店長の負担は年々重くなっているような気もします。

 

アパレルで業界での働き方

 

一つのアパレル企業で、出世、または自分の望む職種に就くことは難しいです。また、現場の接客業で定年まで働き続けたい場合は、それなりのブランド企業ではないと年齢と共に難しくなって行きます。

 

そのため、一定の経験を積んだら、アパレル専門の転職エージェント等を利用して、自分のやりたい職種に転職できないか確認して見る事も大切です。

 

一つの企業で働いて行く事を考える場合は、自分の就きたい職種のポストに空きがあるのか、競争相手はどれだけいるのかも考慮する必要があります。

 

その上で、他のアパレル企業に転職した方が出世、またはやりたい仕事の近道がどうは判断しましょう。

 

接客業の仕事を続けて行きたい方の場合でも、外資のブランド企業の接客で働くと言った選択肢もあります。実力さえあれば、待遇も国内のアパレル企業よりも良いですし、長期的に働ける可能性もあります。

 

アパレル業界は同業他社の転職が多い業界になるので、自分のキャリアの価値を考えた上で、より働きやすい企業に転職するか検討すると良いと思います。

 

⇒アパレル業界のホワイト企業に転職したい

関連ページ

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか
アパレル業界の企業に入社して、まだ3年以上働いていなくても転職できるのか悩む方は多いです。安心してください。例え1年未満でも、20代の方でしたら第二新卒として他業界へ転職する事は難しくありません。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルはブラックなのか
アパレルがブラック業界なのかは、個人の主観によって変わってきますが、強い目標や夢がないと、働き続けるのは難しいかもしれません。そのため、将来に不安を感じている方は異業種の転職も視野に入れた方が良いかもしれません。
アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか
アパレルの販売員として定年まで働き続ける事は難しいです。体力面でも給与面でも年齢と共に辛くなってきます。そのため、経験を積んだらキャリアアップを目指すか、他業界に転職する事をオススメします。
アパレル 給料は低い
一部の大手企業を除けば、アパレル販売員の給料は少ないです。専門職になると少しは上がる傾向がありますが、中小企業ですとやはり見劣りはします。そのため、高い給料を貰いたい方にはオススメし辛い業界と言えます。
アパレルの接客 疲れた
アパレル店には、個人ノルマがある場合もあるので、積極的に接客をしていく事が求められます。また、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に疲れます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい