アパレル 給料は低い

アパレル 給料は低い

アパレル業界の給料は低いのか

 

アパレルの店舗で販売員として働いてる方の給料は、一部の企業を除くと15万円〜20万円前後である事が一般的です。20万円前後ですと、一般的な大卒の初任給と同じ程になりますが、アパレルの場合は余計な費用が掛かる事が多いです。

 

アパレル店の販売員は、基本的に勤めている企業の商品を着て働く事が多いです。タダで貰えるならいいですが、大抵は社割で購入することになります。

 

高い商品を扱っている企業となると、社割されていてもお金が掛かります。また、季節の移り変わりによる商品の入れ替わり事に複数購入する必要が出てくるので、余計な出費が増えてしまいます。

 

他にもアパレルの場合は、服装以外の身だしなみにも気を使う必要があるので、美容院などのお金も掛かります。

 

そのため、給料が安いと赤字になってしまうから、アルバイトを別にしている方も居る程です…

 

もちろん、全てのアパレル企業が、上記のような低待遇なわけではありませんが、少なからず存在するのも事実です。

 

アパレルの販売員から出世できるのか

 

アパレルの販売員から出世するのは、非常に狭き門とされています。企業は、人件費を極力抑えたいので、店長からエリアマネージャーなどに出世させる人数は厳選します。
本社の経営陣となると、更に狭き門となります。
今、あなたが勤めている企業は、出世していける職場環境なのか一度考えてた方が良いと言えます。
なお、採用時に総合職か一般職(地域限定社員)に分けて採用する企業もあります。
前者の場合は、管理者候補として将来的にエリアマネージャーやそれ以上の役職を目指すコースになります。
デメリットとしては、転勤が非常に多い上に、仕事も販売員以外の仕事も任されるので残業も非常に多いです。
後者の場合は、地域内の異動のみになる事が保証されていますし、仕事も販売員として仕事が中心になります。
デメリットとしては、出世は店長までになりやすく、給料も上がり難いです。また、社員は店舗に一人で、後はアルバイトとパートという事が多いので、店長になっても給料は上がらない事も往々にあります。

 

専門職に就く

 

 

単純にアパレル販売から店長、ACと出世していく以外にも、バイヤーや企画、商品開発、MD、生産管理といった専門職に就くのも一つの手段です。

 

ただ、ポスト争いが激しいので、一つのアパレル企業に拘らずに、アパレル専門の転職エージェント等を利用して、求人を探すと良いと思います。

 

また、アパレル専門の転職エージェントには、ラグジュアリーブランドといった外資系の求人もあるので、国内のアパレル企業の待遇とは比べられない給料を貰える可能性もあります。それなりの、経験とスキルが必要になりますが、狙ってみるのも良いと思います。

 

販売員に年齢制限がないか確認する

 

 

歴史のある高級ブランドの企業の場合は例外ですが、アパレルの販売員には暗黙の了解として働ける年齢が決まっている事があります。
もちろん、年齢制限がある企業は少ないですが、それでも存在します。
ある企業ですと、30代になる前に辞める事が暗黙の了解としてあると、アパレルで働いている友人に聞いた事があります。
ただ、その年齢から転職するとなると、同じアパレル業界内での転職以外難しくなってしまいます。したがって、そのような職場で働かないように事前に、企業の情報は最低限調べるようにしましょう。

 

アパレルからの転職で給料は上がるのか

 

アパレル企業も企業によって給料の水準が異なって来るので、一概に転職したからといって給料が上がる訳ではありません。ただ、小売を中心としたアパレル企業の場合は、販売員の給料が低い傾向がありまし、制服代などをも考慮すると正確がギリギリになりがちです。
したがって、そのような企業で働いているなら、他の業界に転職すれば給料が上がる可能性はあります。

 

ただ、自社ブランドを持たないような小売中心のアパレル企業は、前述したように待遇が悪い傾向が強いので、自社開発しているようなアパレル企業に転職しても、給料面は改善する可能性があります。

 

接客のスキルを磨いていれば、大手企業の店長職や専門職へ転職できる可能性もあります。

 

そのため、他業界から0からスタートするか、それともアパレル販売員の経験を活かしてより待遇の良い企業に転職するかは自分自身で選ぶようにしましょう。

 

⇒アパレルの転職を成功させる方法

関連ページ

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか
アパレル業界の企業に入社して、まだ3年以上働いていなくても転職できるのか悩む方は多いです。安心してください。例え1年未満でも、20代の方でしたら第二新卒として他業界へ転職する事は難しくありません。
アパレル店の販売員の将来性
アパレルの正社員として、販売・接客等の仕事に従事する事に将来性があるかと聞かれると、長期的に続けて行く事は難しいと言えます。店長以上の役職であるエリアマネージャーやバイヤーのポストは非常に狭きもんになります。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルはブラックなのか
アパレルがブラック業界なのかは、個人の主観によって変わってきますが、強い目標や夢がないと、働き続けるのは難しいかもしれません。そのため、将来に不安を感じている方は異業種の転職も視野に入れた方が良いかもしれません。
アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか
アパレルの販売員として定年まで働き続ける事は難しいです。体力面でも給与面でも年齢と共に辛くなってきます。そのため、経験を積んだらキャリアアップを目指すか、他業界に転職する事をオススメします。
アパレルの接客 疲れた
アパレル店には、個人ノルマがある場合もあるので、積極的に接客をしていく事が求められます。また、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に疲れます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい