アパレルの接客 疲れた

アパレルの接客 疲れた

アパレルの接客 疲れた

 

アパレルの販売員の仕事で一番大変なのが、接客と言えます。企業によっては、お客様にあまり話しかけないようにしている企業もありますが、基本的には販売員が接客に向かう事が多いです。
また、アパレル店によっては、販売員個人にノルマが課されるような事もあるので、接客せざる得ないようなこともあります。
特に個人ノルマの場合は、販売員同士の接客の取り合いにあるので、体力的にも精神的にも疲れます。
また、営業時間中は、接客が中心になってしまうので、その他の品出しや売上の計算といった事務処理等が閉店時間まで終わらずに、残業になってしまうので、より疲労が溜まってしまいます。

 

販売員目当てのお客の対応

お客の中には、商品を買うのではなく、アパレルの販売員の女性を目当てにしてい方も少数ながらいらっしゃいます。
商品は購入してくれるのですが、暇な時間帯に来てもらわないと他の接客に支障をきたしますし、何よりも…怖いですよね。
ただ、ストーカーのような人ではなく、単純に商品の説明やアドバイスを気に入って、特定の販売員を目当てにして通っている方もいらっしゃるので、一概に迷惑という訳でにありません。
しかし、お客の中には危ないかたもいらっしゃるので、もし危険と感じたら上司に相談するようにしましょう。

 

アパレルの接客は他の仕事に活かせるのか

 

アパレルの接客の経験は基本的には、多くの仕事に活かす事はできます。特に商品を販促させる力は、同じ販売店や営業などに活かすことができます。

 

また、アパレル店で働く方には嫌われますが、個人ノルマの実績を残すことができれば、転職では有利に働きます。

 

ただ、注意して欲しいのは、販売職の経験は異業種になると年齢と共に価値は下がって行きます。理由としては、販売職の仕事は年数を重ねても仕事内容が基本的に変わらない事が挙げられます。

 

また、転職に有利に働いたとしても、異業種への転職した場合は、今までのキャリアはリセットされてしまうので給料は減額する事が多いです。そのため、異業種に転職するのでしたら、20代の内にすることをお勧めします。

 

ただし、同じアパレル業界内で専門職やエリアマネージャーといったキャリアアップを狙うのでしたら、待遇を上げることも出来ます。

 

ある程度の勤続年数を重ねているのでしたら、店舗管理責任者、バイヤー、MD、生産管理、プレスなどを目指しても良いと思います。

 

また、同じ販売職でも企業によって待遇は変わってきます。

 

優良な大手企業な、有給休暇なども使いやすい事もあるので、今の職場と比較してみるのも良いと思います。

 

⇒アパレル社員のキャリアアップ

 

接客が疲れたと感じたら

アパレルの販売職として接客を続けるのは、年齢と共に辛くなってきますし、ノルマも合わさると精神的な疲労も増えて行きます。そのような環境が苦手な方は、アパレル業界で他の職種に転職する事を考えてみると良いと思います。
また、アパレル業界に対して強い思いがなかったり、他にやりたい仕事があるのでしたら、若い内に転職を決断する事をオススメします。

 

⇒他業界に転職するオススメの転職サイト

関連ページ

アパレル 入社3年未満で退職しても転職できるのか
アパレル業界の企業に入社して、まだ3年以上働いていなくても転職できるのか悩む方は多いです。安心してください。例え1年未満でも、20代の方でしたら第二新卒として他業界へ転職する事は難しくありません。
アパレル店の販売員の将来性
アパレルの正社員として、販売・接客等の仕事に従事する事に将来性があるかと聞かれると、長期的に続けて行く事は難しいと言えます。店長以上の役職であるエリアマネージャーやバイヤーのポストは非常に狭きもんになります。
アパレル ノルマ達成が辛い
アパレル店には、店舗ごとに売上のノルマが存在しています。企業によっては、店員一人に個人ノルマを課されることもあります。ブラックな企業ですとノルマの差額を自腹購入させることもあります。そのようなノルマ達成が辛くなったら転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル業界 休日が少ない
アパレル業界は、ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始の休みがない傾向が強く、年間の休日が少ないです。また、シフト制のため長期休暇はもちろん、2連休を取る事も難しいです。
アパレル業界 男性の寿退職による転職
アパレルで働いている男性の中には、結婚を期に他業界に転職する方もいらっしゃいます。理由としては、アパレルの販売員の給料が安かったり、休日が少なく家族と過ごす時間がない等様々です。
アパレルの販売員の結婚に対する不安
アパレルの販売員として働きながら、結婚する事に不安を感じている多いです。理由としては、アパレル販売員の給料は安い事が多く、休日も少ないことが挙げられます。
アパレル販売員の仕事 辛い
アパレル販売員の仕事は、1日中立ち仕事になる上に商品の品出しといった力仕事もあるので非常に過酷です。また、店舗によっては個人ノルマがあるので、達成できるかのプレッシャーによって精神的にも辛い仕事になります。
アパレルはブラックなのか
アパレルがブラック業界なのかは、個人の主観によって変わってきますが、強い目標や夢がないと、働き続けるのは難しいかもしれません。そのため、将来に不安を感じている方は異業種の転職も視野に入れた方が良いかもしれません。
アパレルの販売員で定年まで働く事はできるのか
アパレルの販売員として定年まで働き続ける事は難しいです。体力面でも給与面でも年齢と共に辛くなってきます。そのため、経験を積んだらキャリアアップを目指すか、他業界に転職する事をオススメします。
アパレル 給料は低い
一部の大手企業を除けば、アパレル販売員の給料は少ないです。専門職になると少しは上がる傾向がありますが、中小企業ですとやはり見劣りはします。そのため、高い給料を貰いたい方にはオススメし辛い業界と言えます。
アパレル店の店長 人間関係の悩み
アパレル店の店長は、本社の経営陣、店舗のスタッフ、そしてお客の対応と人間関係が広くなりやすい上に、どれも一筋縄では行きません。そのため、専門職に転職したり、もっと働きやすい異業種に転職するのも一つの選択肢と言えます。
アパレル店 店長の長時間労働
アパレル業界は、職種に問わずに他の部署、企業、そしてお客とのやり取りが多いので、長時間残業になりがちです。特に店舗勤務ですと、勤務時間中は立ち仕事になるので、非常に体力を使います。
アパレル 店舗の異動が多い
アパレル企業は、全国に店舗を持っていることもあるので、一定の周期で転勤する覚悟が必要です。特に出世を目指している方の場合は、断る事は出世コースを外れる事を意味します。
アパレル営業の激務と転職
アパレル業界の営業の仕事は、企業にもよりますが、現場の仕事と兼務したり、エリアマネージャーのサポートをしたりと激務になりがちです。また、給料もそれ程高くない事が多いです。
アパレル販売員 金欠になる
アパレル販売員の給料は、業界全体で見ても低い水準である事と、自社の商品を着て仕事をすることになるので、余計な出費も多く、金欠になりやすいです。
アパレルから他業種に転職する方法
アパレル業界は長期的に働き続けるのが難しい業界になります。そのため、離職率も低くない数字なっており、転職する方も多いです。アパレルの経験は他の業種に活かしにいくいので、自分に合っていないと思ったら早い内に転職活動を始めましょう。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい