残業が少ないアパレル企業に勤めるには

残業が少ないアパレル企業に勤めるには

アパレル店 残業が少ない企業はあるのか

 

 

アパレル店で社員として働くのでしたら、ある程度の残業は覚悟する必要あります。ただ注意してい欲しいのは、サービス残業や見なし残業代を超える残業時間に手当が支給されないといった企業ではないかは事前に確認するようにしましょう。
タイムカード等で管理していても、企業によっては換算しないこともあるので、就職する前に面接などで質問しておきましょう。
ある程度の大手の企業でしたら、勤務時間はタイムカードで管理されているはずなので、仕事に対しては対価である賃金はしっかりと貰うようにしましょう。

 

残業が少ないアパレル店の見極め方 

 
 
残業が少ないアパレル店の見極め方としては、アパレル店の従業員数や個人ノルマの有無になります。
アパレル店の残業の原因は、営業時間中にする品出し、売上の計算、発注、シフトの作成、ウィンドウ内のセットといった事務の仕事や店舗内のセッティングが残ってしまう事が挙げられます。
そのため、従業員数が多い程に接客に従業員が割かれても、店長が事務の仕事や雑務に取り組みことができるので、閉店後の残業が減りますし、持ち帰りの仕事も減ります。
ただ、個人ノルマがあると営業時間中はお客の取り合いになってしまうので、従業員の人数に限らずに営業時間中に事務系の仕事がはかどらずに、残業の仕事が残ってしまいます。
そのため、残業が少ないアパレル店で働く事を考えているのでしたら最低限上記の事は事前に確認しておくことをオススメします。

どうしても避けられない残業

アパレルの店舗勤務になると、どうしても避けられない残業は存在します。店長でしたら、棚卸の時期ですと、棚卸の前後から準備で残業は増えますし、棚卸では店舗で泊まることも求められます。
また、年末になると福袋の準備などもあるので、仕事が重なり残業が生じてしまいます。
そのため、避けられない残業は発生する事はアパレルで働くのでしたら覚悟するようにしましょう。

 

無理のある残業はしない

 

アパレル店は残業が常態化しやすいですが、それでも体に支障を与える残業が当たり前になっているのでしたら、転職も視野に入れましょう。
厚生労働省が設定している過労死ラインは、時間外労働が80時間になります。80時間を超える程に過労死の危険性が上がってきます。
繁忙期でもないのに、時間外労働が80時間を超える事が当たり前になっているのは、企業の勤務体制が正常ではない状態と言えます。
短期的には体は持っても、長期的な視点でみると体を壊す可能性があります。
その前に、転職を考えることも大切です。

 

アパレル業界内の転職方法

 

 

今の職場よりも待遇の良い職場で働きたい、残業が少なく休日がが少しでも多いアパレル店に転職したい、販売職から他の専門職に就きたいと考えているのでしたら、アパレル専門の転職エージェントを利用する事をオススメします。

 

アパレル専門の転職エージェントとは

アパレル専門の転職エージェントとは、名前の通りにアパレルに関わる職種・仕事内容の求人のみを扱っている企業になります。
最近は、企業側も通常の転職サイト等を使用せずに、専門の転職エージェントを利用する事が増えています。
理由としては、志望度の低い求職者や、条件に合わない求職者の場合は転職エージェント側が求職者に求人を紹介しないので、余計な時間とコストを省く事ができるからです。
特に、少数の募集の場合ですと、わざわざ転職サイトに求人を載せるとコストが高く就くことも挙げられます。
そのため、通常の転職サイトでは掲載されないような、大手のアパレル企業の求人やレアな専門職の求人を転職エージェントが扱っている事もあります。

 

オススメの転職エージェント:ファッショーネ

ファッショーネ

 

ファッショーネの特徴は、未経験者から経験者まで幅広くサポートをしてくれる事です。また、アパレル専門の転職エージェントの中では、最近設立された企業になるので、他の転職エージェントとの差別化のために、一人一人に対するサポートも充実しています。
事業所は東京渋谷駅の渋谷ヒカリエになり、面談の際足を運ぶことになります。
忙しい方や、遠方の方の場合は電話によるキャリアコンサルトをしています。
面談では経歴や希望条件、将来のビジョン等を話、その上で条件に合った求人があれば紹介して貰えます。以降は、メールや電話による紹介・相談になります。
応募書類の書き方や面接のアドバイス、求人に載っていない詳しい企業の情報も教えて貰う事ができます。
全国の求人を扱っていますが、メインは東京を中心とした関東になります。職種は、販売職、店長から専門職であるプレス、バイヤー、MD、営業など幅広く扱っています。
もちろん、希望言えば残業等が少ない条件でも求人を調べくれます。
ただ、あまり条件が厳しかったりすると求人がない可能性もあるので注意しましょう。

 

登録からサービスまで全て無料になるので登録して損はないと思いますよ。

 

アパレル・ファッション業界の転職なら!ファッショーネ!

関連ページ

アパレル業界のホワイト企業に転職したい
アパレル業界は、ブラック色の濃い業界ですが、それでも従業員が働きやすいホワイト寄りの企業も存在します。もし、今の企業に不満を持っているのでしたら、もっと働きやすい企業に転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル販売員 30代からの転職
アパレルの販売員として経験を積み、30代以上となると、異業種に転職するのはリスクが高いです。そのため、アパレルの経験が活かすために、アパレル業界内で待遇が良く、働きやすい職場を探すようにしましょう。
アパレル業界 給料を上げたい
アパレル業界で給料上げて行くのでしたら、現場の販売員から専門職であるMDや生産管理、デザイナーといった職種に転職する事をオススメします。また、企業も商社や外資等に転職するのも選択肢の一つです。
非公開求人でアパレルの転職を成功させる
アパレルの優良な企業に転職をしたいと考えているのでしたら、アパレル専門の転職エージェント等を利用して、一般の転職サイトでは掲載されていない非公開求人に応募する事をオススメします。
アパレル社員のキャリアアップ
アパレル業界で長期的に働いて行くには、販売員から本社勤務を目指すか、専門職につといったキャリアアップをして行く事が必要になってきます。
アパレル販売員として働く際の後悔しない企業選び
アパレル企業は離職率が高い業界になります。しかし、アパレル専門の転職エージェントなどを利用すれば、キャリアパスが明確に示されている企業や、休日や福利厚生が整っているアパレル企業で長期的に働くことも可能です。そのため、慎重に就職活動をしましょう。
アパレル店長から転職
アパレル店長は、販売員という職種からの出世では到達点でもあります。以降のエリアマネージャーや本社勤務は非常に狭き門となります。そのため、今よりも待遇を良くするのでしたら、もっと待遇の良い企業や専門職への転職も視野に入れると良いでしょう。
未経験者がアパレル販売員へ転職する際に知っておくべき事
未経験の方がアパレル販売員を目指す場合は、安易に就職先を決めないようにしましょう。将来的にキャリアアップできるか、長期的に働ける職場か考慮した上で働くアパレル企業を決めるようにしましょう。
アパレル業界の仕事は楽ではない
アパレルは、残業が多いため、長時間労働になりやすいです。また、職場によっては、個人単位でノルマが決まっていることもあるので、精神的にも擦り切れる方もいらっしゃいます。
売れるアパレル販売員になったら出世できるのか
売れる販売員となりノルマを達成しても、その経験とスキルが認められなければ出世はできません。勤めている企業で出世するのが難しいのなら、あなたの実力を評価してくれるアパレル企業に転職する事も大切です。
MD(マーチャンダイザー)を目指すべきなのか
アパレル業界で働くのでしたら、MDを目指す方もいらっしゃると思いますし、勧められる方もいらっしゃると思います。MDのポストは少なく、激務になりますが、非常にやりがいのある仕事である事も確かです。待遇も良い事が多いので、目指す価値は十分あると言えます。
アパレル業界で5年・10年後を見据えて働けるか
アパレル業界で出世していくのでしたら、5年後、10年後を見越した働き方が大切です。具体的に言えば、販売職から始まり企画、広報、生産管理といった幅広い経験を積んで出世して行くキャリアプランになります。
アルバイトから正社員になる覚悟と難しさ
アパレル店のアルバイトから正社員を目指す場合は、アルバイトからの社員登用が存在する確認しましょう。また、企業側に足下を見られないようするために、他のアパレル企業の就職も検討しましょう。一つの企業に固執せずに、選択肢は複数用意することが大切です。
ラグジュアリーブランドで働く方法
ラグジュアリーブランドに就職するには、高いスキルが求められます。お客も富裕層が多いので、普通のアパレル企業以上にマナーが大切になります。また、外資の分類になるので、本社に勤めるのでしたら、ビジネス英語も必要になります。
派遣・パートのアパレル店員から正社員に転職する
短期間のつもりで派遣・パートとしてアパレル店員として働き、正社員として働きたくなる方もいらっしゃると思います。そのような場合は、今の勤務先で正社員として雇用して貰うのか、または待遇がもっと良い職場に就職できるように目指すのかも考えるようにしましょう。
ボーナスのあるアパレル企業で働く方法
ボーナスが支払われると思って入社したアパレル企業なのに、実際は寸志程度だったり、業績の改善するまで支払われる予定が無いといった現実に直面することもあります。そのようなリスクを回避するために、就職するアパレル企業は慎重に選ぶことが大切です。
第二新卒でアパレル業界に転職
第二新卒の転職活動ででアパレル業界を目指している人も少なからずいらっしゃると思います。不安要素としては、やはり待遇面やキャリアパス、そして転職の方法になると思うので、このサイトを参考の一つにして頂ければ幸いです。
ファッションに興味があるからアパレルに転職したい
ファッションに興味があるからという理由でアパレル業界に就職する事は、悪い事ではありません。しかし、アパレル販売員の待遇は、それ程良い訳ではないので、働き方を事前に考えておかないと後悔する結果に繋がることもあります。
アパレル業界のプレスになる方法
アパレル業界のプレスは、人気の高い職種になります。そのため、競争率も上がりやすくなり、就き難い職種にもなるので、プレスに就けるように働く事が大切になってきます。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい