アパレル業界 給料を上げたい

アパレル業界 給料を上げたい

アパレル業界の転職で給料を上げる

 

 

アパレル業界の年収は、職種ごとに大きく変わってきます。
一般的なアパレルの販売員となると、男性の平均年収が350万円に届かない程で、女性の平均年収は約250万円前後となり、年収は低い傾向が強いです。
ただ、店長やエリアマネージャーとなると、年収500万円以上も増えてくるので、出世を目指すのでしたら、給料を上げていく事は十分可能です。
また、ポストが少ない店長やエリアマネージャーを狙うのが難しい出のしたら、バイヤーやMD(マーチャンダイザー)、ファッションデザイナー、生産管理などにキャリアチェンジすることでも、給料・年収を上げることはできます。
そのため、アパレルの販売員としてキャリアを積んだのでしたら、出世を目指すか、アパレル業界内でキャリアチェンジを選ぶようにすることをオススメします。

 

専門職の年収

 

アパレル業界の専門職の年収は、勤める企業や年齢、経験年数によっても変わってくるので、あくまでも参考の一つにしてください。

バイヤー

バイヤーは業界によっても年収は変わってきますが、アパレル業界のバイヤーの年収は、30代後半の年収が500万円〜600万円程なります。20代後半の年収ですと、300万円〜350万円程となります。
売上に直結する仕事になるので、責任は非常に重いです。逆に、ヒット商品を生み出せるようになると、年収が大幅に上がる職種でもあります。
ただ、経験が必要となる職種でもあるので、転職する場合は、アパレル業界でそれなりの経験と実力が求められます。

 

MD(マーチャンダイザー)

MD(マーチャンダイザー)の年収は、30代後半で500万円〜600万円程なります。
ただ、1年目は250万円程からスタートする事が多いです。
アパレル業界内では、給料・年収が高い職種になります。
ただ、責任は非常に重く、商品開発から販売計画、予算管理など店長以上の店舗経営からマーケティング戦略のスキルも必要なります。
市場調査やバイヤーや営業、店長、エリアマネージャーといった責任者や専門職と打ち合わせをして経営の主軸となるので、総合的な力が必要となります。
そのため、事前に販売員やバイヤーで経験を積んで就く方が多いです。

 

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、個人の実力によって給料・年収が変わってきます。そのため、平均年収はあまり意味がありませんが、通常の企業勤めの場合は、300万円前になります。キャリアが認められれば500万円前後になります。
ただ、企業勤めの場合は、デザイナーといっても、営業や製造まで請け負うことになるので、総合的な力が求められます。
そのため、デザイナー兼他の職種の仕事となる事が多いです。
ただ、有名デザイナーとなれば、フリーとして活動できるようになり、数千万〜数億円稼ぐ方もいらっしゃいます。ただ、そのためには他を圧倒するファッションセンスが求められます。

 

OEM営業

OEMとは略語になりますが、正確にはOriginal Equipment Manufacturingと呼びます。
仕事内容としては、ブランド企業の生産委託を受けて、代わりに製造することです。
そのため、OEMとして働く方は製造側、そして営業側と大まかに分かれます。ただ、製造は海外でする事が多いので、基本的に営業側で働く事になります。
給料は、委託を受けている企業が大手か中小かでも変わってきます。そのため、年収にも差が生じやすいですが、平均年収は400万円前後一般的になります。
なお、海外出張も多い職場になるので、転職する際はそれなりの覚悟が必要となります。

 

生産管理

生産管理は、MDやバイヤー等と打ち合わせして作成した販売計画に基づいて、製品の製造を管理する仕事になります。
工場の職員数や設備などを計算して納期までに製品を製造することになるので、経験も必要にないます。
また、利益を増やすためにコストを抑えたり、売上の多い商品の製造増加といった判断も求められます。
最近は、生産管理の仕事以外にも、営業や企画仕事も求められることも増えているので、商品開発・企画から生産まで手掛ける事もあります。
年収は、比較的に安定していますが、飛びぬけて高いわけでもなく、年収400万円前後になります。

 

※上記の職種はアパレル業界の中の主な職種になりますが、全てではないので注意してくださいね。

 

キャリアチェンジの方法

 

販売職から経験を積んでキャリアチェンジする場合は、企業に配属異動を求めるか、転職するかになります。企業によっては、職種がないこともありますし、時間が掛かる可能性があるので、個人的には転職をしてキャリアチェンジした方が早いと言えます。

オススメの転職方法

オススメの転職方法としては、アパレル専門の転職エージェントを利用することです。
アパレル専門になるので、アパレル関連の求人を多数扱っており、専門職の求人も多数扱っている傾向があります。
求人の中には、優良な企業の求人や、レアな職種の求人も多いです。
通常の転職サイトを利用しても良いですが、より専門性の高い求人を多数扱っているアパレル専門の転職エージェントを利用すれば、より効率よくあなたの条件に合った企業に転職できるチャンスは広がります。
もし、本気でアパレル業界内で仕事を続けて行くのでしたら、利用してみてはどうでしょうか?

 

アパレル専門の転職エージェント:CREDENCE

クリーデンス

 

CREDENCEは、アパレル業界の経験がある方を対象にした転職エージェントにっており、キャリアアップやアパレル内の他の職種にキャリアチェンジしたい方にオススメです。

 

国内のメーカーからOEM、ラグジュアリー、外資、商社まで幅広い企業が求人の依頼をしている事から、専門性の高い職種の求人も多数扱っています。
そのため、今の企業や職種に不安を感じている方は、アパレル専門転職エージェントのCREDENCEを利用して、挑戦したい職種や、もっと待遇の良い企業に転職してみてはどうでしょうか?
注意点としては、ある程度のアパレル業界の経験年数がないと対応して貰えない可能性があります。
そのため、経験年数に不安を感じる方は下記のアパレル転職エージェントがオススメです。

 

アパレル専門の転職エージェント:ファッショーネ

ファッショーネ

 

ファッショーネは、東京の渋谷駅に本社がある企業になります。
ただ、求人は全国の求人を扱っており(関東が中心になりますが)、未経験者から経験年数が多いベテランの方まで幅広く転職支援のサービスを受ける事が出来ます。
扱っている職種としては、販売職、店舗管理から専門職であるパタンナー、生産管理、OEMの営業職、デザイナーと幅広いです。一般の転職サイトには掲載されない大手の企業の求人も取り扱っているので、アパレル業界で転職を考えている方にはオススメです。
登録方法としては、一度渋谷駅のHikarieにある本社に足を運び面談をするか、遠方の方の場合は電話による対応もしてくれます。
一人一人のサポート体制が非常に整っているので、登録して損はないと思いますよ。
なお、登録からサービスまで全て無料になるので安心してくださいね。

 

アパレル・ファッション業界の転職なら!ファッショーネ!

関連ページ

アパレル業界のホワイト企業に転職したい
アパレル業界は、ブラック色の濃い業界ですが、それでも従業員が働きやすいホワイト寄りの企業も存在します。もし、今の企業に不満を持っているのでしたら、もっと働きやすい企業に転職を考えてみてはどうでしょうか?
アパレル販売員 30代からの転職
アパレルの販売員として経験を積み、30代以上となると、異業種に転職するのはリスクが高いです。そのため、アパレルの経験が活かすために、アパレル業界内で待遇が良く、働きやすい職場を探すようにしましょう。
非公開求人でアパレルの転職を成功させる
アパレルの優良な企業に転職をしたいと考えているのでしたら、アパレル専門の転職エージェント等を利用して、一般の転職サイトでは掲載されていない非公開求人に応募する事をオススメします。
アパレル社員のキャリアアップ
アパレル業界で長期的に働いて行くには、販売員から本社勤務を目指すか、専門職につといったキャリアアップをして行く事が必要になってきます。
アパレル販売員として働く際の後悔しない企業選び
アパレル企業は離職率が高い業界になります。しかし、アパレル専門の転職エージェントなどを利用すれば、キャリアパスが明確に示されている企業や、休日や福利厚生が整っているアパレル企業で長期的に働くことも可能です。そのため、慎重に就職活動をしましょう。
アパレル店長から転職
アパレル店長は、販売員という職種からの出世では到達点でもあります。以降のエリアマネージャーや本社勤務は非常に狭き門となります。そのため、今よりも待遇を良くするのでしたら、もっと待遇の良い企業や専門職への転職も視野に入れると良いでしょう。
未経験者がアパレル販売員へ転職する際に知っておくべき事
未経験の方がアパレル販売員を目指す場合は、安易に就職先を決めないようにしましょう。将来的にキャリアアップできるか、長期的に働ける職場か考慮した上で働くアパレル企業を決めるようにしましょう。
残業が少ないアパレル企業に勤めるには
アパレル店で働く販売員や店長の残業時間は多くなりがちです。ただ、店舗の体制によっても残業時間の上下は激しいです。そのため、店舗のノルマ制度や販売員・店長の仕事内容等詳しく調べておきましょう。
アパレル業界の仕事は楽ではない
アパレルは、残業が多いため、長時間労働になりやすいです。また、職場によっては、個人単位でノルマが決まっていることもあるので、精神的にも擦り切れる方もいらっしゃいます。
売れるアパレル販売員になったら出世できるのか
売れる販売員となりノルマを達成しても、その経験とスキルが認められなければ出世はできません。勤めている企業で出世するのが難しいのなら、あなたの実力を評価してくれるアパレル企業に転職する事も大切です。
MD(マーチャンダイザー)を目指すべきなのか
アパレル業界で働くのでしたら、MDを目指す方もいらっしゃると思いますし、勧められる方もいらっしゃると思います。MDのポストは少なく、激務になりますが、非常にやりがいのある仕事である事も確かです。待遇も良い事が多いので、目指す価値は十分あると言えます。
アパレル業界で5年・10年後を見据えて働けるか
アパレル業界で出世していくのでしたら、5年後、10年後を見越した働き方が大切です。具体的に言えば、販売職から始まり企画、広報、生産管理といった幅広い経験を積んで出世して行くキャリアプランになります。
アルバイトから正社員になる覚悟と難しさ
アパレル店のアルバイトから正社員を目指す場合は、アルバイトからの社員登用が存在する確認しましょう。また、企業側に足下を見られないようするために、他のアパレル企業の就職も検討しましょう。一つの企業に固執せずに、選択肢は複数用意することが大切です。
ラグジュアリーブランドで働く方法
ラグジュアリーブランドに就職するには、高いスキルが求められます。お客も富裕層が多いので、普通のアパレル企業以上にマナーが大切になります。また、外資の分類になるので、本社に勤めるのでしたら、ビジネス英語も必要になります。
派遣・パートのアパレル店員から正社員に転職する
短期間のつもりで派遣・パートとしてアパレル店員として働き、正社員として働きたくなる方もいらっしゃると思います。そのような場合は、今の勤務先で正社員として雇用して貰うのか、または待遇がもっと良い職場に就職できるように目指すのかも考えるようにしましょう。
ボーナスのあるアパレル企業で働く方法
ボーナスが支払われると思って入社したアパレル企業なのに、実際は寸志程度だったり、業績の改善するまで支払われる予定が無いといった現実に直面することもあります。そのようなリスクを回避するために、就職するアパレル企業は慎重に選ぶことが大切です。
第二新卒でアパレル業界に転職
第二新卒の転職活動ででアパレル業界を目指している人も少なからずいらっしゃると思います。不安要素としては、やはり待遇面やキャリアパス、そして転職の方法になると思うので、このサイトを参考の一つにして頂ければ幸いです。
ファッションに興味があるからアパレルに転職したい
ファッションに興味があるからという理由でアパレル業界に就職する事は、悪い事ではありません。しかし、アパレル販売員の待遇は、それ程良い訳ではないので、働き方を事前に考えておかないと後悔する結果に繋がることもあります。
アパレル業界のプレスになる方法
アパレル業界のプレスは、人気の高い職種になります。そのため、競争率も上がりやすくなり、就き難い職種にもなるので、プレスに就けるように働く事が大切になってきます。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい