アパレルの仕事を辞めたい

アパレルの仕事を辞めたい

アパレルの仕事を辞めたいと思っている方へ

 

アパレルの仕事を辞めたいと思っている方が最初に考えるべき事は、『転職して何をやりたいか』になります。
アパレルの仕事を続けたいけど今の職場では働きたくないと思っている方と、アパレルという仕事そのものが嫌いになって辞めたいと感じている方がいると思います。

 

アパレル業界内で転職したい

 

 

アパレル業界は離職率が高いので、アパレル業界内での転職はそれ程難しくありません。今あなたが勤めている企業がブラックな程に転職先の待遇が良くなる可能性は高いです。
そのため、最初にあなたが今が勤めている企業の待遇がアパレル業界内でどれぐらいの水準なのか調べるようにしましょう。
もし、転職しても待遇が改善される余地がないのでしたら、アパレルデザイナーや企画、営業といった仕事に転職することも選択肢の一つになります。
ただ、働きやすく、給料も休日も多い企業となると、そもそもサービス業を選ぶこと事態が選択ミスとも言えます。
そのため、アパレル業界で働き続ける事と他の業界に転職することになっても、今よりも待遇の良い職場で働きたいという思いを天秤にかける事も必要になる可能性はあります。

 

⇒アパレル業界のホワイト企業に転職したい

 

アパレルを辞めて異業種に転職する

アパレルの仕事から転職したいと感じる方も結構いらっしゃいます。

・拘束時間の長く長時間労働になりやすい
・休日が少ない
・給料が低い
・立ち仕事
・ノルマが厳しい
・アルバイトやパート、上司との人間関係

アパレルを辞める方の理由を聞くと上記の理由が多いです。
給料に関しては、アパレル企業によっても異なり、比較的に高級品を扱っており、ブランド力の高い企業となると、給料が低いという事はなく働きやすいとも聞きます。
ただ、そのようなアパレル企業は極一部とも言えます。
多くのアパレル企業の賃金は低い傾向が強いです。
地方ですと、手取り10万円前後も珍しくありません。
また、アパレルはサービス業になるので、比較的に拘束時間が長い上に、立ち仕事が主になるので体力的に辛くなる方も多いです。休日も年間100日前後多いので、業界内では少ないと言えます。
人間関係に関しては、店舗の社員は店長一人が多いので、自分一人でアルバイトやパートのシフト管理をすることになるので、個人個人の希望を調整することになり、場合によってはシフトに入って貰うように説得する必要もあります。
一方で上司からは、コストを減らすために、シフトの数をギリギリにするように言われます。そうなると、一人一人の負担が重くなり従業員の不満が溜まる…といった風に間に挟まれる立場になりますし、実際になっている方が多いと思います。

 

.⇒アパレル業界から他業界へ転職する方法

 

辞めたいと思ったら辞めるのも勇気ある決断

嫌な仕事なのに、退職するのが怖くて言い出せない方は多いです。
だからといって、働きながら転職活動も体力的にできない。こうなってくると、体調を崩すまで退職して転職できません。
また、一度体を壊すと簡単には復職できません。
そうならないためにも、これ以上働けないと感じたら勇気を出して辞める事も非常に大切です。
不安でしたら、働きながら選考を受ける前の自己分析や、やりたい仕事の求人の選定などをしておきましょう。
もし、有給などを無理やりにでも使えるので、そのまま選考を受けても良いですし、使えないのでしたら退職して本格的に始めましょう。

 

現状に甘えない

行動を起こさないと何も変わりません。気が付いたら、年齢だけをとって転職が難しくなって行きます。
極端な話を言えば、企業は有給休暇を断る事は基本的にできません。例外として、企業は特的の時期(繁忙期の月など)の有給を拒否できますが、あくまでも限定的です。
働きながら転職するのでしたら、上からの評価やアルバイトやパートの迷惑なんて開き直って無視する事も必要になります。できないのなら、数か月分の生活資金を貯めて辞めましょう。それも、出来ないのでしたら諦めるしかありません。
人は変化を嫌う生き物です。辛くても現状に嫌々流されるのは、何も考える必要がないですし楽とも言えますし、体調が悪化しても企業のせいにできます。
ただ、忘れないで欲しいのは、いくら企業や周りのせいにしても、誰もあなたの人生には責任を取ってくれません。辛くても現状を変えないのは頑張っているのではなく、変えることを放棄した甘えであることを忘れないようにしてください。
そして、今の職場が辛いのでしたら、自分から行動して変える必要がある事も忘れないでください。

関連ページ

アパレル アルバイトがバックレ・無断欠勤は多いのか
アパレル店舗で働く従業員の多くは、アルバイトやパートになるので、その分急な無断欠勤や酷い場合ですとバックレといった事態が発生します。そして、アルバイト、パートの責任は全て店長が負うことになります。
アパレルの転職は在職中か退職後にするべきか
アパレルからの転職を考える上で、避けては通れないのが、在職中に転職するか、退職後に転職するかだと思います。どちらが正しい、間違いはありませんので、それぞれのメリット、デメリットを考えて決めましょう。
男性アパレル販売員 将来の不安
アパレル販売員の給料は、アパレル業界内では一番低い傾向があります。そのため、将来的に結婚等することを考えると、キャリアアップか異業種への転職も視野に入れる必要が出てきます。
女性のアパレル業界からの転職
アパレル業界は他業界よりも女性の比率が多い傾向があります。ただ、女性が長期的に働ける環境と言われると難しいです。離職率も高く、結婚や出産を機に退職する方多いです。
アパレル 年齢による体力の限界
アパレル業界の仕事は、長時間労働になりがちな上に、休日も業界の中では少ない傾向があるので、体力の限界に陥っている方もいらっしゃると思います。
アパレル店の販売員は勤続年数と共に給料は増えるのか
アパレルの販売員の給料は、アパレル業界の中でも低い水準になります。そのため、将来的に給料が増えて行くのか心配する方も多いのではないでしょうか。
アパレル業界 人手不足な理由
アパレル業界の就職を希望する方は多いですが、一方で離職率も高いです。理由としては、長期的に働いて行ける環境が整っている事が少なく、将来に不安を感じる方が多い事が挙げられます。
人間関係が不安で転職できない方へ
アパレル店舗の人間関係を気にしたり、自分が退職する事で同じ職場の仲間に迷惑をかける事を心配して転職に踏み切れない方は結構いらっしゃいます。ただ、そのような事を気にしていると何時になっても転職をすることはできません。
アパレル販売員 派遣のメリット・デメリット
アパレルの派遣として働くと、大手の有名なアパレル企業でも働ける可能性もありますし、社員よりも残業が少ないので負担も軽いです。一方で、安定して働けるかと言われると難しいと言えます。
アパレルの仕事に活かせる資格は語学系
アパレルで働いて行く上で取得して置いた方が良い資格は何かと考える方もいらっしゃいますが、個人的には英語といった語学を学ぶ事をオススメします。国際化が進んでいるので、下手なアパレル系の資格よりも遥かに評価されると思います。
アパレルの事務職としての将来性
アパレルの事務職の将来性は、アパレルにどの程度関わりがあるか否かで変わってきます。企画や広報などでしたら、出世するための経験を積むため場とも言えます。一方で経理や雑務を処理する一般事務でしたら、アパレルで働く必要性は低いと言えます。
アパレル 本社勤務になれば給料があがるのか
本社勤務と聞くと出世のように聞こえますが、そのような経緯で本社勤務になるかでも変わってきます。専門職として本社に呼ばれるのでしたら、給料のある出世と言えます。一方で人手不足のため、または将来的に専門職に就いて貰うための経験の一環で呼ばれる事もあります。
アパレル 何歳まで働けるか
アパレル業界に就職を考えている方、または現在アパレルの仕事に従事している方にとって、疑問と不安の一つが「何歳までアパレルで働けるか」だと思います。結論から言えば、働き方に注意すれば、定年まで勤める事はできます。
高卒でアパレル業界に就職できるのか
高卒でアパレル業界に就職する事は十分可能です。ただ、人によっては専門学校を卒業した方が良いのではと思う方もいらっしゃると思います。どちらが良いとは、一概に言えませんが、将来的に目指す職種によって選ぶ選択肢を変えれば良いと思います。
アパレル販売員から事務職に就きたい
アパレルの販売員の仕事は、立ちっぱなしの時間が非常に長いので、座って仕事ができる事務等のデスクワーク寄りの仕事に対する憧れは多かれ少なかれ持っている方が多いです。また、土日休みが多いのも一つの魅力と言えます。事務職に転職する場合は、他業界かアパレル業界内で転職するか選ぶことになります。
アパレル店長 仕事が評価されない
アパレルショップの店長等をしている方で、自分の仕事がなかなか評価されずに悩んでいる方もいらっしゃると思います。本人にまだ足りない部分がある場合もありますが、一方で評価システムに不備があることもあるので注意しましょう。
アパレル 貧困女子になっていないか
アパレル販売員の給料が低くて生活がギリギリ…という状態で働いている方もいらっしゃると思います。アパレル販売員の待遇自体は、それ程良い訳ではありませんが、それでも度を越して悪いのでしたら、勤めている企業がブラックではないか考えて見る事をオススメします。

 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい