アパレル販売 20代からの転職

アパレル販売 20代からの転職

20代アパレル販売員の転職できる選択肢

 

 

アパレル業界の販売んから20代で転職する方の多くは、思っていたアパレルの仕事と現実のギャップや、給料の少なさ、休日の少なさ、長時間労働、人間関係などが原因になります。
そして、これらの事を理由として転職する事は間違っていません。
(アパレル業界内の転職については後述します)

 

異業種に転職できるのは20代の内

30代でも異業種への転職はできますが、できればリスクの小さい20代の内に働きたい業界に転職する事をオススメします。
異業種へ転職すると、基本的に給料は大卒や高卒の初任給まで減少することになります。
そのため、年齢を重ねる程に転職はリスクの高いものになっていきます。
逆に、20代の内でしたら、同年代とそれ程給料の差はできないので、リスクは小さいです。
また、20代と30代では仕事の吸収力も異なりますし、体力も違います。
新しい事に挑戦するなら、出来る限り若い内に行動を起こすようにしましょう。

 

他にやりたい仕事がない場合

 

 

アパレルの仕事は辞めたいが、他にやりたい仕事が思い浮かばない…そのような方もいらっしゃると思います。
その場合は、転職を実際にするか決めずに、情報収集も兼ねて転職活動を始めてみる事をオススメします。
やりたい仕事がない理由は、単なる情報不足だったり、視野が狭くなっているだけの可能性も十分あります。
それでもやりたい仕事がないのでしたら、給料や福利厚生、そして将来的に選択肢が広がる異業種に転職する事をオススメします。
アパレルの販売員は、他の業界や職種に活かしにくい仕事になります。そのため、前述したように30代以降の転職では、未経験者枠でしか採用されにくいのです。
逆に、事務や経理、営業、企画などの職種は、他の業界でも給料を下げずに転職しやすいので、潰しの利く仕事となります。

 

20代の転職市場の状態

 

 

20代の方で、未経験者歓迎の求人は年々増えているます。理由の一つは、少子高齢化の影響による働き手の不足、もう一つは新卒の採用に対するコストと手間の削減になります。大手の人気企業となると、転職は難しいですが(20代の転職に限りませんが)、中小企業やニッチな分野で大きなシェアを獲得している企業等で、20代の第二新卒といった方を積極的に採用している企業は多数あります。

 

20代でアパレルの販売員として働くリスク

前述したようにアパレルの仕事は、他の業界では活かしにくいので、経験を積むごとに他業界への転職のリスクは高くなります。
一方でアパレルで働きながら出世して行くのは、非常に難しいです。出世してエリアマネージャー、本社勤務になれるのは極一部の方になります。
また、企業によっては販売員に暗黙の了解として年齢制限があるような企業も存在します。そのため、昇進する見込みがあったり、将来的に独立するための修行の場である、または極一部の高級商品を扱うブランド企業だったりしないのでしたら、長期的に働き続ける事はオススメしません。
ただ、後述しますがアパレル販売員から専門職に転職するという選択肢もあるので、一概にアパレル業界内での選択肢が狭い訳ではありません。

 

アパレルからの転職は難しいのか

20代の場合は、他の20代と比べてもそれ程経験の差は生じていません。
そのため、年齢が若い程に転職は有利に進むと言えます。
そのため、3年以上働いているから有利、1年未満だから不利という事は少ないです。20代の経験年数が評価されるのは、同じ業界だったり、職種が同じ場合になる事が多いです。
異業種になると、結局未経験者である事に変わりません。
そのため、勤めていた業界や経験年数によって評価が変わる事はない…とは言えませんが、大きな差が付く事は少ないです。
大切なのは、面接で転職を決意した理由と志望動機、そして採用担当者に一緒に働きたいと思わせることになります。

 

⇒アパレル業界から他業界へ転職する方法

 

アパレル業界内での転職

 

アパレル販売職として働き続けるのは不安だし、待遇も悪いから転職したい。だけどアパレル業界で働きたいという方は多いと思います。そのような方は視野を広げて、現場の仕事以外にも着目するようにしましょう。
販売員の仕事は、アパレルの基礎を学び、自分に適性があるかどうかを判断するためと考えるのも一つです。
そして、ある程度の経験を積んだら、店長・エリアマネージャーを目指すのか、それとも専門職に就くのか、または前述したように異業種に転職するか考えるようにしましょう。

 

専門職の仕事内容

アパレル業界 給料を上げたいで詳しく仕事内容を述べていますが、代表的な例としてはMD(マーチャンダイザー)、バイヤー、パタンナー、デザイナー、OEMや商社の営業、生産管理などになります。
給料も販売員よりも高い傾向があるので興味がある方は上記の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

企業の待遇も幅広い

当然ですが大手と中小企業では給料や休日の数も変わってきますし、働きやすさも変わってきます。また、代理店として販売を中心としている店舗(個人店)ですと、そもそも専門職がないことも多いです。
したがって、今のアパレル企業では他の職種にキャリアアップできないと感じたら、もっとチャンスのある企業に転職するようにしましょう。
アパレル企業内の転職について詳しく知りたいかたは下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

⇒アパレル販売員として働く際の後悔しない企業選び

 

 


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい