アパレル販売員のストレスと解決方法

アパレル販売員のストレスと解決方法

アパレルの仕事のストレスと解決方法

 

アパレル販売員の仕事は、とにかく人との関わりが多い上に、長時間労働になるのでストレスが溜まりやすいです。その分、働き方や職場に意識を向ける必要があります。
余計なストレスや疲れを蓄積させ続けると体を壊したり、精神面で心が折れてしまう可能性もあります。

 

働き過ぎに注意する

 

 

アパレルの仕事をして行く上で注意して欲しいのは働き過ぎ…オーバーワークになります。アパレルの仕事は、お客の出入の多さによって毎日忙しさも変わるので、事務の仕事や品出し、清掃といった仕事がシフト内で終わらないことも良くあります。
そのため、残業や持ち帰りの仕事が発生することもあります。特に店長となると、シフトの作成や会議の資料作成などが発生するので、より残業が増えます。

 

アパレルの仕事に関わらずにやむを得ずに残業が発生するリスクを完全に無くす事は難しいです。
ただ、残業や持ち帰りの仕事が常態化している場合は、健全な状態とは言えません。
特に持ち帰りの仕事は、残業代も発生しない可能性が高いです。
体力的な辛さと、仕事に対する理不尽な思いが溜まって行くと、あなたが思っている以上に精神的なストレスと体力的な負担が蓄積されていくかもしれませんよ。

 

一度あなたが勤めている企業の勤務体制が本当に適切なのか考えて見ても良いかもしれません。

 

人間関係の悩み

アパレル店の店長 人間関係の悩みでも述べていますが、アパレル企業内における人間関係の悩みは独特なものがあります。
女性中心の職場が多いため、他の業界よりも勤続年数により上下関係が厳しい事が多いです。また、個人ノルマ等があると、先輩職員の顔色を伺いながら売上を上げる必要も出てくるので非常に働きにくい場合があります。

 

そのため職場内の職員と、ある程度の良好な関係を構築できないと余計なストレスに苛まれることになります。
ただ、アパレル業界に限らずに、理解できない人と同じ職場で働く事はあるので、良好な関係が構築できなくても、働く上で支障を与えない関係を維持できるようには努めましょう。
将来的にも、そのような働き方は活かせると思います。

 

給料が低くて生活ができない

 

 

アパレル企業の販売員は、マネキンとしての役目もあるので、基本的には勤務している企業の製品を着用して働く事になります。社割されるとはいえ、購入頻度が多く、扱っている製品が高いと大きな負担になります。
また、アパレルは身だしなみにも注意を払う必要があるので、必然的にお金は掛かってきます。
一方で、アパレル販売員の給料は全体的に低い水準となります。
そのため、将来的に出世の見込みなどがない職場でしたら、経験を積み次第他のアパレル企業に転職して、店長、企画、生産管理といった職種に転職する事をオススメします。
販売員からのキャリアステップは、一人一人のキャリアプランによっても変わってきます。アパレル業界で5年・10年後を見据えて働けるかでも述べていますが、5年、10年先を見据えた上で就く職種を考える事をオススメします。

 

⇒アパレル業界 給料を上げたい

 

仕事のストレスが将来を本気に考えさせる

 

「今のまま働き続けていいのか…」、「将来的にどのような仕事をしたいのか」、仕事のストレスを通して、人は現状からの変化を考えるようになります。
ただ、実は将来を考えることも人には大きなストレスを与えます。人は変化するよりも、現状に耐える方が短期的に見ると楽だからです。新しい事をしようとすると、一時的に体力もストレスも増えます。

 

ただ、行動を起こさないと何時まで経っても現状は変わりませんし、何もしていないという漠然な不安を戦う事になります。
私の個人的な体験も含まれますが、変化を起こしていくというのも慣れな部分があります。将来を考える事は付かれますし、ストレスも溜まりますが、一方で大きな期待やワクワク感も生じます。

 

しかし、現状に耐えるだけではストレスしか溜まりません。
そのため、結局は行動を起こしてストレスの蓄積と解消を同時に進めて付き合って行くしかありません。もちろん、プライベートでストレスを発散する方法もありますが、アパレルは休日が少ないですし、自由に取りにくいです。
何よりもストレスの根本的な原因である給料の待遇などが変化しません。

 

最終的には、あなたの意思次第ですが、どうせなら将来を見据えて働き続けた方が楽しいですし、人生を豊かにすると思いますよ。

 

新しい経験を積む事を考えているのなら

 

今のアパレル企業からキャリアアップしたい、販売員で十分経験を積んだから専門職になりたいと思っているのでしたら転職を検討しても良いと思います。
一番楽なのは、今勤めている企業で希望の職種に就ける事ですが、アパレル企業はポスト争いあ激しいので、希望が通る可能性は低いです。得に大手企業は、人材も多いの競争率も高いです。
そのため、今の企業では難しい、または何時になるか分からないのでしたら、転職した方が効率が良いと言えます。
オススメとしては、アパレル専門の転職エージェントを利用する事です。

 

アパレル専門の転職エージェント:クリーデンス

クリーデンス

 

クリーデンスは、ある程度アパレルの経験がないと利用しにくいですが、一般の転職サイトでは掲載されていないプランド企業から外資、商社まで幅広い企業の求人を扱っています。
また、MD、バイヤー、パタンナー、企画、デザイナー、生産管理といった職種も扱っているので、販売職から新しい経験を積む上でもオススメです。
登録からサービスまで全て無料になるので、登録して損はないと思います。

 

アパレル・インテリア・コスメ業界の求人・転職サイト

 

※注意点としては、未経験者や勤続年数が短い方ですと応募できる求人がない可能性もあります。


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい