アパレル販売員として働くのに向いていないと感じたら

アパレル販売員として働くのに向いていないと感じたら

アパレル販売員の向き不向きを判断するには

 

仕事には、向き不向きが確かにありますが、それを見極めるのは簡単ではありません。特に社会に出た事のない学生の方の最初の入社時の頃は、アパレルの仕事に対する向き不向き以前に、仕事そのものに慣れていない事が多いです。
また、他の業界から接客業であるアパレル販売員として働くと、最初は慣れない日々で戸惑う方が多いように感じます。

 

向き不向きの前にアパレルの仕事環境に慣れる

アパレル店舗の仕事は、他の店員と協力しながら働くことになります。店長や先輩社員に教えて貰いながら、またはアルバイト、パートの方と協力しながら働く事になります。
アパレル企業によっては、個人ノルマが課されることもあるので、協力しながらも、ノルマ達成のため競争を求められる事もあります。
そのような環境の中でも、先輩社員や店長の指示に従いながら、企業のルールやマニュアルを覚えて、少しでも仕事に慣れて行く必要があります。
ただ、個人ノルマがどうしても店舗内が緊張感に包まれるので、苦手な方は入社する前に調べて、避けた方が良いかもしれません。

 

お客への声掛けや売り込みスキルは経験と共に磨いていく

 

アパレル販売員として最初に感じる大きな壁としては、お客の接客と売り込みだと思います。
接客に関しては入社時点で、今までのアルバイト経験などで差が出ることもありますが、基本的には慣れの部分が大きいと思います。
アパレルの仕事に限らずに、お客とのコミュニケーションにしろ、取引先とのやり取りにしろ、経験による慣れの部分が大きいです。
その後の売り込みに関しても、先輩社員や店長に教えて貰いながら働けば、少しずつ上がって行くと思います。
最初から上手く行く方は少数なので、接客や売り込みが最初上手く行かないだけで、自分はアパレルが不向きだと思わない方がいいです。

 

笑顔が出せなくなったら危険かも

 

アパレル販売員として働く上で大切なのは、やはり笑顔による接客だ思います。仏頂面で接客しては、お客は商品を買ってくれません。
ただ、アパレル企業内での人間関係がどうしても上手く行かない、販売員としての仕事にどうしても耐えられないと感じるのでしたら、転職を検討しても良いかもしれません。

 

アパレル企業の仕事環境が過酷か否かで問われれば過酷な事が多いです。勤務時間は基本的に立ち仕事になりますし、女性中心の職場になりがちなので、人間関係にも気を使うのは確かです。
また、アパレル販売員として定年まで働き続ける事はリスクが高いので、成果を出して出世を狙っていく事も求められます。
もし、出世が難しいのでしたら、他のアパレル企業でキャリアアップを狙った転職も考える事が求められます。

 

そのため、仕事に対する不安の中でも、将来の事を見越して働いて行く必要があります。

 

働いているアパレル企業に問題があるのか考える

 

出世できる見込みがなく働く意欲が湧かなかったり、サービス残業が多い、個人ノルマが重いといったアパレル業界ではなく、勤めている企業に問題がある場合もあります。職場を変えれば改善できる悩みなのか、それともアパレルそのものに興味がなくなったのか考えてみましょう。
また、販売員の仕事が辛いのでしたら、企画や事務などに職種を変更するといった選択肢もあります。
実際に、販売職から他の職種に転職する方も多いです。一度検討して見ると良いでしょう。
なお、企画や生産管理、バイヤーなどに興味があるのでしたら、下記の転職エージェントをがオススメです。

 

アパレル・インテリア・コスメ業界の求人・転職サイト

 

他業界に転職する

ある程度働いて、不向きだと確信したのでしたら、若い内に他業種に転職する決断をすることも大切です。
年齢を重ねる程に他業種に転職する難易度とリスクは上がります。他にやりたい仕事ができたり、不向きだと自分の中で決断できたのでしたら、迅速に行動しましょう。
ダラダラとやりたくない仕事を続けても、企業にとっても、あなたにとっても不利益でしありません。時間は思っている以上に過ぎて行くので、「時間ができたら転職したい」と思っていると何時まで経っても転職できませんよ。

 

⇒アパレル業界から他業種へ転職するなら


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい