待遇のよいアパレル企業に転職するには

待遇のよいアパレル企業に転職するには

待遇のよいアパレル企業とは

 

一概にアパレル企業といっても、大手の大企業のように製造から販売まで全ての工程を自社でしている企業もある一方で、中小企業などは卸売りや小売りを中心にしていたり、規模が小さくてもブランド商品の企画から流通等をしている企業もあります。
また、外資といった海外の資本で成り立っている企業もあります。
それぞれメリット、デメリットありますが、同じ大手企業・中小企業でも待遇や出世のチャンスも違います。そのため、ブランド名や企業の規模の大きさだけで、就職先を決めないよにしましょう。
また、商品の製造などは実質海外に外注している事がほとんどなので、全てを国内でやっている企業は非常に少ないです。

 

仕事に求めるのものによって勤める企業を変える 

単純に給料を増やしたいのでしたら、大手の企業に就職する事をオススメします。ユニクロなどは、店長になれば年収1千万円近く稼ぐ事ができます。
ただ、SPA展開しているような企業は、薄利多売な傾向が強いので、非常に激務になります。
また、大手企業になる程に部門ごとに仕事内容が明確に決まっているため、職種を変えたくても、なかなか希望が通らない事が多いです。

 

一方で高級ブランドを扱っている企業などになると、販売員の給料でもそれなり貰えますが、一方で人気も高いので、一般の求人では応募できない場合もあります。そのため、アパレル専門の転職エージェント等を利用して、チャンスを伺う事をオススメします。

 

中小企業のメリット

中小企業のメリットとしては、給料はそれ程高くありませんが、比較的に大手で就き難い企画や生産管理、バイヤー、MDといった職種に多少就きやすい点になります。
バイヤーやMDは中小企業でも、それなりに経験が求められますが、その過程の店長、AC、企画や生産管理などに就きやすいです。
ある程度経験を積んだら、大手の企業や他の中小企業の希望職種に転職しても良いと思います。
必要な職種の経験を早い時期に積めるのは、長期的なキャリアプランを考えると良いと言えます。
ただ、前述したように販売職などの給料は大手よりも低くなりがちな上に、休日も少ないの激務になる事は覚悟する必要があります。

 

外資企業

外資企業に関してはアパレルの仕事に活かせる資格は語学系でも詳しく述べていますが、完全実力主義になります。
また、入社するのに語学力が必須という訳ではありませんが、出世していくには必要となることが多いです。最低限のビジネス英語によるメールや電話によるやり取りは求められることになるので注意してください。
ノルマさえ出せば休日も取りやすいですし、給料も高い一方で、結果が出なければ容赦なく辞める必要がありますし、ある程度経験がないと入社も難しいと思った方が良いです。

 

 

アパレル専門の転職エージェントを利用する

 

 

大手、中小企業、外資、または商社と選択肢はありますが、優良な企業や専門職に転職したいのでしたら、アパレル専門の転職エージェントを利用する事をオススメします。
アパレルの専門職や一部のブランド企業などは、不特定多数の応募を防ぐために、一般の転職サイトには求人を掲載していない事が多いです。そのため、信頼できるアパレル専門の転職エージェント等を利用して、待遇のよいアパレル企業を探す事をオススメします。
ただ、注意して欲しいのは、待遇が良いアパレル企業に就くには、やはりそれなりの経験がないと難しいです。
そのため、まだ短期間した働いていな方が希望する職種や企業に就けるかと言われると難しいかもしれません。ただ、とりあえず確認してみても損はないかもしれません。

 

アパレル・インテリア・コスメ業界の求人・転職サイト


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい