男性がアパレル企業に勤める場合の注意点と方法

男性がアパレル企業に勤める場合の注意点と方法

男性がパレル企業に働く際に覚悟するべき事

 

男性の方の場合は、女性と違って寿退職して家庭に入るという選択肢がない…とまで言いませんが、少ないと思います。
そのため、女性以上に将来を見越した働き方が大切になります。

 

⇒アパレル業界で5年・10年後を見据えて働けるか

 

アパレル企業に転職する男性の数と傾向

 

 

アパレル企業は全体の割合としては女性が多いですが、メンズショップや男性をターゲットにしたブランドもあるので、転職自体の難易度は高いとは言えないので、転職のチャンスは多いです。
また、営業職やエリアマネージャーといった現場の仕事が少ない職でしたら、販売職以上に男女の比率の差は少ないと思います。
スキルがあればデザイナーやパタンナーといった技術職への転職もそれ程難しくないと思います。

 

女性のブランドが中心の企業でも、本社の企画から経理、一般事務でしたら男性社員の方も普通に働いています。したがって、女性がターゲットの企業だからといって男性の方がの転職できるチャンスがないという訳でもないです(ただ女性の割合が多く働きにくい可能性もあります)。

 

アパレル業界内の転職が多い

前述したように、女性と違って寿退職や出産を期に家庭に入る選択をとりにくいの、キャリアがリセットされる異業種の転職よりも、同じアパレル業界内で待遇のよい企業に転職傾向の方が強いです。

 

具体的には、経験と共に責任と比例して給料が上がる、MD、企画、バイヤー、生産管理といった専門職に就く方が多いです。若い方は営業職として働く方が多いですが、給料はそれ程高くないので、商品知識と経験を積み上げたら、大手の待遇の良い企業の営業職に転職したり、前述したような専門職に就く方が多いです。

 

また、営業スキルは他の業界でも活かせる部分があるので、他業界の営業に転職する方もいらっしゃいます。反対に他業界で営業として働いていた方が、アパレルの営業として転職して来る方もいらっしゃいます。

 

将来を見据えて働く

 

 

何度も言うように、家庭を支えられる給料をアパレル業界で稼いでいくのでしたら、将来を見越したキャリアステップを歩んで行く必要があります。
もし、現在販売職や営業として働いていて、出世や独立といった事を考えていないのでしたら、一度将来的にどのように働きたいのか考えて見ることをオススメします。

 

アパレル業界の販売職や営業の給料は、業界の職種の中でも低い傾向が強く、40代でも年収500万円に届かない事が一般的です。
そのため、ある程度の経験を積んだら仕事の責任は重くなりますが、店長、AC、生産管理、企画といった職にキャリアアップするように心掛けましょう。
これらの経験を積んだら、幅広い職種の経験が必要とされるMDやバイヤーといったより上の職種に出世できるように努めましょう。
英語ができるのでしたら、実力主義の外資に挑戦するのも良いかもしれません。

 

一つのアパレル企業で出世していく事が難しいと思ったら、他のアパレル企業にキャリアアップを狙った転職も積極的に狙い経験を積むようにしましょう。
アパレル業界に関しては、それ程転職回数をそれ程見られる事はなく、それよりも今まで経験してきたキャリアを重視されます。したがって、必要だと思ったら怖がらずに転職する事が大切です。

 

外資や専門職への転職をするなら

 

優良なアパレル企業や外資、または求人数が少ないMD、バイヤー、生産管理といった専門職に転職するのでしたら、アパレル専門の転職エージェントを利用する事をオススメします。
キャリアアップを狙った方をターゲットにした転職エージェントもあり、専門職や通常の転職サイトでは見かけないような優良なメーカー・ブランド企業の求人も取り扱っています。
それなりの経験とスキルが求められる事もありますが、将来的にアパレル業界で働いて行くのでしたら、転職の難易度が高くても待遇のよい企業に転職する事をオススメします。なお、下記のリンクで紹介しているクリーデンスは、優良な企業を紹介していますが、一方で企業の見る目も厳しいです。ただ、非公開求人となっている事が多く、競争率事態が高いという訳ではありません。転職エージェントと相談して、面接の対策をした上で選考に挑むようにしましょう。

 

アパレル・インテリア・コスメ業界の求人・転職サイト


 
アパレル転職 仕事の悩み ホワイト企業に転職したい