アパレルからの転職におすすめの転職サイトまとめ(2020年4月版)

アパレルからの転職におすすめの転職サイトまとめ(2020年4月版)

人材業界市況

新型コロナウイルスの影響で業種・業界問わず、正規雇用の求人数が減少している状態。また対面での面接を避け、録画したビデオによる面談や、テレビ電話での面接、選考全般をオンラインで完結する企業も増えている。今後もこの流れは続きそうで、企業は新型コロナウイルスのリスク回避のため、最低限の採用しか行っていない状況である。とはいえ、自己分析を含めた転職活動は思い立った時点で着手しておいたほうが良い。理由としては、コロナウイルスの影響で職を失った求職者が市場に増加するため、案件数に対して求職者が急増する可能性が高い。この状況で出遅れてしまうと、良い企業との接点を失うことになる。また新型コロナウイルスに関しては収束目処が見えた時点で、企業が採用をオープンにする可能性が高い。急に膨大な数の求人が現れる可能性もあるため、いつでも臨機応変に対応できるよう準備をしておくのがおすすめ。現在店舗スタッフとして働いている店舗スタッフで、次も接客スキルで転職を検討している場合は要注意。店舗スタッフの募集に関しては、正社員の求人数はかつてほどの求人数は出にくくなると思われる。理由は新型コロナウイルスによる店舗の閉店などを経験しているため。コアスキルとして対面接客スキル持っておくのは良いことだが、そこに依存しすぎるのではなく、サブスキルとして非対面でのスキルを伸ばす勉強をしたり、資格所得をしておくほうが良いと思われる。

アパレルからの転職でおすすめの転職サイト

転職サイトやエージェントは、情報収集段階だとしても複数登録しておくことをおすすめします。理由は転職サイトごとに掲載求人が異なる点と、エージェントに関しては当たり外れがあるためです。複数の転職サービスを併用し比較することで、より効率的な転職活動ができる可能性が高まります。(転職をしない場合でも自己分析や情報収集のために登録しておくことは大事です)

自己分析・情報収集段階(アパレルからアパレル以外への転職におすすめ)

上記3つは、エージェントサービスです。特に初めての転職や、アパレル業界以外への転職を考えている場合は、まず登録することをおすすめします。利用は無料ですし、転職エージェントが自己分析や転職とは何なのかなど、丁寧にサポートしてくれます。ただ、エージェントは「人」なので相性や能力に差があるのは確かです、合う合わないは必ず出てくると思うので、二つ以上のエージェントサービスに並行して登録することをおすすめします。
案件も各社それぞれ異なる案件をも追っている場合が多いです。
エージェントサービスを利用しても、最終的に「転職をしない」と言う選択肢を選ぶこともできます。

アパレル業界から、アパレル業界へ転職する場合

アパレルからアパレルへ転職する場合は、業界特化型の転職サービスを利用することをおすすめします。アパレルからアパレルへの転職を選ぶ方は、あまり多くはありませんが、経験者採用となる場合が多いので、多少は待遇面でも改善される可能性があります。現在お勤めの企業と比較するつもりでご登録されるのも良いかと思います。

今は転職を待とうと思った場合におすすめの行動

会社での昇給・昇進を狙う

会社内で昇給・昇進の可能性があるのなら「今は転職をしない」という選択肢は有りです。まずはご自身と、ご自身を取り巻く環境を確認してみましょう。ただし、下記に一つでも当てはまる組織にいる場合は、昇格昇給の難易度が高い組織だと考えられますので、並行して「転職の情報収集」を行ってください。

  • 1年以上昇給していない
  • 1年以内にチームの中に昇給や昇進をした人がいない
  • トップダウンの経営だと感じる
  • 昇進しても昇給しない

上記は、従業員にコストを掛けたがらない企業の典型的なパターンです。1年以上の昇給実績がなかったり、同じチームのメンバーが誰も昇給していないのであれば、上司の怠慢です。部下の能力を引き出し、適切なポジションと賃金を設定するのが上司の仕事なのですから、そこを放棄している状態になります。そのような上司のチームで昇格昇給するのは難しいでしょう。もし会社の制度で資格手当などがある場合は、資格取得に向けた勉強期間と位置づけ勤務を継続することもありだと思います。

自身のブランディングを行う

一度転職活動や自己分析をされている方なら経験があるかもしれませんが「私は何もできない」と感じてしまうシーンがよくあると思います。どの領域でも自分よりもデキる人がいるのは当たり前なので、卑下することはありません。そもそも会社というのは、自社内で効率よく仕事してもらうために人材育成をしているので、市場では無価値なスキルも多いのです。なので、そこはそんなものだと考えて良いと思います。市場で共通する価値として「個人の特性を伸ばす」ことが重要だと考えます。何かの一芸に秀でることは、ご自身の人生を通して考えるととても価値のあることです。言葉にするとセルフブランディングという領域です。その場合「自分自身の適性を知り、何が好きか」を模索するところから始めましょう。私の場合は「アパレル人材専門のキャリアアドバイザー」といったところです。肩書は自分で名乗れば良いのです、強豪がいなければあなたがそのジャンルの第一人者になれるわけですから。

応募する企業の口コミや評判の調べ方

未分類カテゴリの最新記事