自分の務めている会社の評判を知る方法

自分の務めている会社の評判を知る方法

会社に属しているとその文化を当たり前だと感じてしまうものです。そして小さなコミュニティの中で居場所を作ることや昇進することへ熱意が向いていきます。この事自体が悪いわけではありません。しかし、客観的にご自身が所属する会社のことを知るのはとても大切なことです。あなたの思う自分の会社、外から見た自分の会社、そのギャップを調べる方法をいくつかご紹介します。

勤務している会社の口コミや評判を調べる方法

身の回りの人に聞く

最もかんたんで手っ取り早い方法です。ここで言う「身の回りの人」に含まれるのは、家族や同期、長くこの企業で働き続いている先輩ではありません。主に以下に該当する人物です。

  • 外部から転職してきた同僚(転職したばかりの人・1年ほど経過した人)
  • 会社とご自身に利害関係のない友人

エゴサーチをする

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、エゴサーチとは自分の名前などでGoogleやTwitterを使って検索することです。今回の場合はご自身の「お勤めの企業名」、「社長や取締役の名前」、「関連企業の名前」、「取り扱いブランドの名称」などです。もちろん検索に出てくるすべてが真実とは限りません。しかし、客観的にどのように思われているかをザックリと把握するとはできると思います。同じように競合の企業や、興味のある会社について検索を行い、自社と比較することもおすすめします。

口コミサイトを使う

最もおすすめなのはこの手段です。口コミサイトとは、以下に上げるようなものになります。会員登録が必要となりますが、これまで働いてきた人の感想や給与など、いろんな軸で確認することができます。また口コミを投稿することで、他の方が書かれた口コミが見放題になったりするサイトもあります。その場合在職中であればご自身が特定されないような情報を記載しましょう。

口コミサイトを使った調査は、実際に転職する企業を絞り込むときにも用いることができます。見て見るだけでも楽しいので、おすすめします。

また口コミサイトとは少し傾向が異なりますが、GoogleMapを利用してレビューを見ると言う手段もあります。例えばGoogleMapで自身の会社名を調べましょう。そうすると、星とともにレビューが表示されていると思います。

転職エージェントを使う

転職活動中であればエージェントに聞くという手もあります。ただし、エージェントは内定や応募で利益を上げていますので、自社に対しては多少ネガティブな情報を多く言うと思います。エージェントの知識量を図るためには、所属する企業の良いところをまず聞いてみるのも良いでしょう。また、過去に自社から転職した人の動機などを聞くこともできると思います。ぜひうまく活用してください。

大切なのは自分がどう思うか

他人の評価や評判を知ることは、自社が市場でどのように思われているかの指標としてとても参考になります。また転職活動をする際にも、誤った判断で恥ずかしい名刺を持つ羽目にならないように、こまめに口コミサイトなどを確認することがおすすめです。そして、このような企業分析と自己分析を繰り返していくうちに、ご自身とお仕事の相性が見えるようになるはずです。

未分類カテゴリの最新記事